1月23日。竜王就位式がおこなわれました。第34期竜王に就位したのは藤井聡太新竜王(19歳)です。

 2組優勝の藤井王位・棋聖(当時)は、挑戦者決定三番勝負で1組優勝の永瀬拓矢王座(29歳)と対戦。藤井二冠が2勝0敗で挑戦権を獲得しました。

 永瀬王座はランキング戦1組優勝のメダルを授与されたあと、次のようなあいさつをしていました。

永瀬「わりと対局負けると悔しいことが多いんですけど、今期の竜王戦挑戦者決定戦の藤井さんの相手は自分だったんですけど、それも忘れるぐらい、なんというか、すっきりとした力負けでして。藤井さんがいままでランキング戦を全部優勝されていて、メダルが5つ目だと思うんですけど、自分は6つ目かな、と思ったので、その点勝てていて、よかったなと思いました(笑)」

 言われてみればなるほど・・・という主張でした。永瀬王座の言う通り、ランキング戦の優勝回数は永瀬王座6回、藤井現竜王5回です。

 ランキング戦で一番多く優勝しているのは丸山忠久九段で8回。そのうち5回は最上位1組での優勝です。

 永瀬王座と並んで6回優勝は、竜王位通算7期の実績を誇る羽生善治九段。そのうち3回は1組優勝です。

 5回は森内俊之九段、深浦康市九段、稲葉陽八段、そして藤井現竜王。

 ランキング戦24連勝で5回連続優勝は、空前にして、おそらくは絶後の記録でしょう。

 竜王位通算11期の渡辺明名人はランキング戦を戦う機会が少なかったから必然というべきか、優勝回数は意外と少なく2回でした。