スキなし豊島将之竜王(31)王位戦リーグ紅組4勝1敗でプレーオフ以上確定

 5月7日。東京・将棋会館において、お~いお茶杯第62期王位戦・挑戦者決定リーグ紅組最終5回戦▲豊島将之竜王(31歳)-△片上大輔七段(39歳)戦がおこなわれました。

 優勝を争う豊島竜王は、勝てばプレーオフ以上が確定します。

 今期初めてリーグ入りをはたした片上七段は、すでにリーグ陥落が決まっています。

 10時、豊島竜王先手で対局開始。振り飛車党の片上七段は角交換向かい飛車を採用しました。

 片上七段が端9筋を突き越したのに対して、豊島竜王は銀冠に組んだあと、その端から逆襲します。片上七段が中段に打った角は相手の銀と交換になり、豊島竜王が駒得に。豊島竜王が次第に優位を確立していきました。

 最後は片上玉が端9筋の上部に吊り上げられ、受けなしに。片上七段が投了し、97手で豊島竜王の勝ちとなりました。

 リーグ成績はこれで豊島竜王4勝1敗、片上七段0勝5敗。豊島竜王はプレーオフ以上が確定しました。

 他の3勝1敗勢、木村一基九段と澤田真吾七段の対局はまだ続いています。両者は勝てばプレーオフ進出。両者ともに敗れると、豊島竜王の紅組優勝が決まります。