渡辺明王将(36)防衛か? 永瀬拓矢挑戦者(28)奪取か? 1月10日、王将戦七番勝負開幕

(記事中の画像作成:筆者)

 1月10日・11日。静岡県掛川市、掛川城・二の丸茶室において第70期王将戦七番勝負第1局、渡辺明王将(36歳)-永瀬拓矢王座(28歳)戦がおこなわれます。棋譜は公式ページをご覧ください。

 現在の将棋界は渡辺王将(名人・棋王)、豊島将之竜王(叡王)、藤井聡太二冠(王位・棋聖)、永瀬拓矢王座の4人がタイトルを分かち持つ「4強」の時代と言われています。

 渡辺王将は現棋界の第一人者。王将位は通算4期保持しています。

 渡辺王将はタイトル通算26期。あと1期で谷川浩司九段(通算27期)と並びます。

 永瀬王座は今期が王将戦リーグ初参加。そして初挑戦を決めました。

 充実著しい両雄が対峙する今期七番勝負。まさに頂上を争うにふさわしいカードとなりました。

 両者の過去の対戦成績は渡辺10勝、永瀬3勝。渡辺王将が大きく勝ち越しています。

 王将戦七番勝負は2日制で、持ち時間は各8時間。

 対局開始時刻は9時。第1局の先後は振り駒によって決められます。

 記録係は現役最年少棋士の伊藤匠四段(18歳)です。