藤井聡太挑戦者(18)総攻撃に出て優勢に 木村一基王位(47)はどう粘るのか? 王位戦第3局2日目

(記事中の写真撮影・画像作成:筆者)

 8月5日。兵庫県神戸市・中の坊瑞苑において王位戦七番勝負第3局▲藤井聡太棋聖(18歳)-△木村一基王位(47歳)戦、2日目の対局がおこなわれています。棋譜は公式ページをご覧ください。

 69手目。藤井挑戦者は3筋の歩を突きました。攻めを継続する手です。

 ここで木村王位は長考に沈みます。攻め合うか。それとも受けるのか。

 対局室に次第に西陽が差し込んできて、盤上に置かれた駒が影を作ります。やがてカーテンが閉められて、影が消えました。

 木村王位の仕草や表情から察すると、この長考は苦しい時間だったのでしょうか。木村王位は1時間4分考え、じっと同歩と応じました。これは受けに回る姿勢です。

 満を持して、藤井挑戦者は総攻撃を開始します。端を突き捨て、桂の利きに歩を打ち込んで桂を交換します。

 7筋にいた木村王位の銀は、攻めに使わずに自玉へ寄せられ、ついに3筋まで移動しました。そして五段目に進んできた藤井挑戦者の攻めの銀と向かい合うことになります。

 木村王位は三段目に角を上がって、藤井挑戦者の銀に当てます。藤井挑戦者もまた角を上がり、攻めに使います。

 本格的な戦いに入るまでが長かった本局。戦いが始まってみると、藤井挑戦者が一気呵成にリードを奪った感があります。

「攻めは飛角銀桂」

 将棋の格言はそう教えます。藤井挑戦者の攻撃陣には飛角銀香が好所に配置され、持ち駒には桂があります。自然に攻めが続く形となり、形勢ははっきり藤井挑戦者優勢となりました。

「藤井先生、残り1時間です」

 記録係の声がかかったあと、藤井挑戦者は角銀両取りの桂を打ちます。これもまた痛烈な攻めの継続手です。

 持ち時間8時間のうち、残り時間は藤井58分、木村1時間15分。藤井挑戦者は一方的に時間が切迫する展開もしばしば見られますが、本局ではそうしたこともありません。

 藤井挑戦者が席をはずしたあと、木村王位は脇息(ひじ掛け)にもたれかかり、じっとうつむきました。当代随一の受けの達人は、この先どう粘るのか。

 昨年の王位戦第3局は福岡県の大濠公園能楽堂でおこなわれました。

 本日の報道によれば、その大濠公園では午前、逃げるイノシシを追っての大捕物がおこなわれたそうです。

 昨年の第3局。木村挑戦者(当時)は勝って、2連敗のあとの1勝を返しました。

 今年の第3局。ここまで2連敗の木村王位は、苦しい情勢に追い込まれています。

 今年の第4局は8月19日・20日、大濠公園能楽堂でおこなわれます。そのとき、星取はどういう状況となっているでしょうか。

 89手目。藤井挑戦者は歩を取りながら端1筋に角を出ます。香筋を通しながら角の成り込みを見せ、続く好調な攻め。木村王位は両手をつき、前傾姿勢になって考えます。

 16時53分頃。記録係から声がかかります。

「木村先生、残り1時間です」

 藤井挑戦者は残り46分。藤井優勢で終盤戦を迎えようとしています。

「うーん」

 17時前。木村王位は頭に手をやり、はっきり聞こえるぼやき声を発しました。藤井挑戦者は静かに次の手を待ちます。