渡辺明王将(35)防衛か? 広瀬章人八段(32)奪取か? 王将戦七番勝負第7局1日目終了

(記事中の画像作成:筆者)

 3月25日・26日、新潟県佐渡市・佐渡グリーンホテルきらくにおいて第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局▲渡辺明王将(35歳)-△広瀬章人八段(32歳)戦がおこなわれます。棋譜は公式ページをご覧ください。

 第6局は渡辺王将の勝ちでした。

 七番勝負はこれで両者ともに3勝3敗。王将位の行方は最終戦の結果にゆだねられることになりました。

 両者のこれまでの対戦成績は渡辺18勝、広瀬14勝と拮抗しています。

 最終第7局は改めて振り駒がおこなわれます。その結果、先手は渡辺王将と決まりました。

 本日25日9時、対局開始。渡辺王将は初手に角道を開けました。

 対して広瀬八段は飛車先の歩を伸ばします。

 渡辺王将は金銀3枚で矢倉城を構築します。対して広瀬八段は囲いに手をかけず、右四間飛車の構えを見せました。

 45手目。渡辺王将は角を切って銀と交換する決断の攻めを見せました。続いて飛車も切り捨て角と交換します。以上のやり取りで、渡辺王将は飛銀交換の駒損をしました。ただし広瀬玉は薄くなり、渡辺王将は中段に馬(成角)を作っています。どちらがいいのかは難しいところです。

 52手目、広瀬八段は自陣に角を打ちました。銀取りを受けつつ、いずれ渡辺陣への攻めに使えそうです。

 渡辺王将は次の手を指さず、18時、53手目を封じました。

 明日26日9時、渡辺王将の封じ手を開いて対局は再開されます。持ち時間は各8時間。通例では2日目の夕方から夜にかけての終局となります。

画像