C級1組順位戦7連勝中の藤井聡太七段(17)1月16日に8回戦で小林裕士七段(43)と対戦

(記事中の画像作成:筆者)

 1月16日。関西将棋会館においてC級1組8回戦▲藤井聡太七段(7勝0敗)-△小林裕士七段(2勝5敗)戦がおこなわれます。

 藤井七段は残る3戦のうち、2勝すれば他者の成績に関わらず昇級が決まります。

 藤井七段の2019年度成績は34勝10敗。記録部門の各ランキングで、トップに近い成績を収めています。年末には斎藤慎太郎七段に勝ち、王位リーグ入りを決めました。

 小林七段は2001年度以来C級1組に在籍。勝ち越し以上の成績が多い安定した実力者です。今期順位戦はここまで2勝5敗、年度成績は8勝13敗とやや不調ですが、年明けの1月7日には竜王戦2組ランキング戦で中村太地七段を破っています。

 藤井七段と小林七段は過去に3回対戦し、ここまで藤井七段の3連勝となっています。

 8回戦の他の対局は14日におこなわれ、1敗勢4人のうち佐々木勇気七段、及川拓馬六段、石井健太郎五段の3人が勝利。7勝1敗の成績で、昇級をうかがっています。

画像

 14日、藤井七段は竜王戦4組優勝者として、就位式に出席していました。