掛川城対局で負けなしの渡辺明王将(35)王将戦七番勝負第1局を快勝で制す

王将戦恒例の対局場、掛川城(2011年、筆者撮影)

 1月12日、13日。静岡県掛川市・掛川城において第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第1局▲渡辺明王将(35歳)-△広瀬章人八段(32歳)戦がおこなわれました。12日9時に始まった対局は、13日16時56分に終局。結果は103手で渡辺王将の勝ちとなりました。

 渡辺王将は防衛に向け、幸先よく1勝をあげました。第2局は1月25日・26日、大阪府高槻市・山水館でおこなわれます。

画像

渡辺王将の会心譜

 13日9時。広瀬八段の封じ手が開かれた後、2日目の対局が始まりました。広瀬八段が金を上がって備えているところから、渡辺王将は積極的にアクションを起こしました。渡辺王将の玉頭でもあるので、ミスをすれば一気に危機に陥るところですが、渡辺王将は慎重に防衛線を押し上げていきます。そして手厚く負けづらい態勢を築くことに成功しました。

 広瀬八段は渡辺陣に駒を打ち込んで、形勢の挽回をはかります。しかし渡辺王将は誤らず、正確に応対して差は縮まりません。

 最後は自然に押し込んでいく形で、広瀬玉を寄せていきます。そして飛車を捨てて華麗にフィニッシュ。まずは快勝と言ってよい内容で、開幕第1局を制しました。

 渡辺王将は掛川城での対局は、これで5戦全勝となりました。王将位通算4期目に向けて、最高のスタートを切った形となりました。

 2019年度の成績は31勝7敗(0.816)と依然勝率トップを走っています。

 さて、掛川といえば、国内有数のお茶の生産地として知られています。将棋ファンにはおなじみの王将戦の勝者撮影、昨年の対局翌朝の写真は、掛川茶にちなんだものでした。

 はたして今年はどうなるのでしょうか。