ノート(125) ようやく保釈されるも憔悴しきった元特捜部長らの表情から伺える人質司法の過酷さ

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

~整理編(35)

勾留130日目

【4か月ぶりの保釈】

 この日の朝刊によると、前日である1月28日に大阪地裁の裁判官が保釈保証金1500万円で大坪さんと佐賀さんの保釈を許可したという。

 彼らは前年である2010年の10月21日に容疑否認のまま犯人隠避罪で起訴されると、その翌日には直ちに保釈を請求していたが、「罪証隠滅のおそれあり」という理由で却下されていた。

 比較的保釈が許可されやすいと言われる12月末に再び請求したものの、このときも同様に却下されていた。

 その意味で、まさしく「三度目の正直」という展開となったわけだ。

 3日前に行われた第2回の公判前整理手続で大坪さんらの弁護人が具体的な主張内容を明らかにしたことから、過去2回の請求時と比べて事情が大きく変わったと見られたのだろう。

 ただ、検察側が準抗告を申し立てたため、裁判所の合議による判断待ちの状態だった。

 その際には、大坪さんらが保釈後にマスコミを通じて何らかのメッセージを発することで、事件関係者に証言をためらわせるといった危険性が考慮されるかもしれなかった。

 それでも、少なくとも客観的には罪証隠滅のおそれなどまったくない状況だった。

――保釈を許可した当初の判断が覆らなければよいのだが。

 そう思っていると、夜間に放送されたラジオのニュースで、検察側の準抗告が棄却されたことや、2人が逮捕から約4か月ぶりに拘置所から出たということが報じられた。

 容疑否認とはいえ、さすがに1500万円という保釈保証金は高すぎるようにも思われたが、2人ともなんとかかき集め、無事に納付できたようで、一安心した。

勾留131日目

【憔悴した表情】

 この日の朝刊では、大坪さんと佐賀さんが保釈直後に弁護士会館で行った記者会見の様子が報じられていた。

この記事は有料です。
元特捜部主任検事の被疑者ノートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

元特捜部主任検事の被疑者ノートのバックナンバー2019年8月サンプル記事

前田恒彦

価格

1,100(記事3本)

2019年8月号の有料記事一覧

すべて見る

15年間の現職中、特捜部に所属すること9年。重要供述を引き出す「割り屋」として数々の著名事件で関係者の取調べを担当し、捜査を取りまとめる主任検事を務めた。のみならず、逆に自ら取調べを受け、訴追され、服役し、証人として証言するといった特異な経験もした。証拠改ざん事件による電撃逮捕から5年。当時連日記載していた日誌に基づき、捜査や刑事裁判、拘置所や刑務所の裏の裏を独自の視点でリアルに示す。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ