木村元彦

ジャーナリスト ノンフィクションライター
中央大学卒。代表作にサッカーと民族問題を巧みに織り交ぜたユーゴサッカー三部作。『誇り』、『悪者見参』、『オシムの言葉』。オシムの言葉は2005年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞、40万部のベストセラーとなった。他に『蹴る群れ』、『争うは本意ならねど』『徳は孤ならず』『橋を架ける者たち』など。

記事一覧

1~17/17件 年月で絞り込む

2018年

前へ

  • 1

次へ

1~17/17件