6日、アメリカのラスベガスでボクシングWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチが行われ、スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)と、スーパーミドル級4団体統一王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が戦った。

試合の展開

カネロは主戦場としていたスーパーミドル級から、一つ階級上げての挑戦となった。

試合が始まると長身のビボルに対し、カネロはボディとフックを軸に攻め、ビボルは左ジャブを基点にパンチを集めていく。

前半に決定打はなかったものの、若干カネロが優勢だった。

カネロはさらにペースを上げていくが、ビボルも手数を止めない。ときおり強いパンチでビボルを牽制していたカネロだが、ビボルの勢いはなおも続く。

中盤以降、カネロは疲労から手数が少なくなり、好機とみたビボルは右の強打で追い詰める。

最終ラウンドにはカネロも猛攻をしかけるが、ビボルも負けじと打ち返し試合が終了。大きな山場はなかったがビボルの手数が印象的だった。

結果は3-0の判定でビボルが勝利し、WBA王座の11度目の防衛に成功した。

カネロの敗北

カネロにとって、2013年のフロイド・メイウェザー戦以来、初めての敗北となった。

スーパーミドル級で4団体制覇を成し遂げ、今回階級を上げ、ライトヘビー級に主戦場を移した。

2019年にもライトヘビー級で挑戦したが、その際は王者のセルゲイ・コバレフを11RTKOで破り、WBOのベルトを手にした。

過去の実績もあるため、試合前の勝敗予想ではカネロ有利の声が多かったが、番狂わせな結果となった。

最近ではパワーボクシングが目立っているカネロだが、以前は手数とコンビネーション重視の技巧派ボクサーだった。

パワーボクシングは見栄えが良く、派手に相手を倒せるためポイントを稼げるが、攻撃が単調になってしまう。

今回の試合でも手数が出せず、単発の攻撃が目立っていた。

また、スタミナも以前より落ちているように感じた。階級を上げれば、体重が増える分スタミナは落ちる。

対戦相手のビボルは180cmを超える長身の選手で、173cmのカネロと比べ体格差もあった。

スタイルやスタミナ、身長差など要因はさまざまだが、今後もライトヘビー級で戦い続けるのであれば、肉体改造やスタイル変更も必要になってくるだろう。

全階級でNo1の評価を受け、快進撃を続けてきたカネロだが、階級の壁は高かった。

今後の動向

カネロは、ヘビー級を除く全階級で最も稼ぐボクサーと言われ、今回の試合でも4000万ドル(約46億円)のファイトマネーを稼いだとの報道もある。

カネロと戦うだけで世界的な知名度とビッグマネーが得られるため、対戦を望む選手は後を絶たない。

しかし、今回のビボル戦での敗北で、今後のマッチメイクに影響がでるだろう。

ボクシングにおいて1敗は、選手の価値を大きく変える。

今回の試合に勝利すれば、ライバルのゲンナジー・ゴロフキンとの試合が決まるのでは、と言われていたが今回の敗戦で白紙となるだろう。

今後はライトヘビー級で再びビボルに挑戦するのか、それともスーパーミドル級に下げるのか。

カネロは試合後のインタビューで、「再戦については後で試合を振り返って見て、どうするかを考えます。でも、これでは終わらない。僕は競争力のある人間で、より強くなって戻ってくるつもりです」と話している。

ボクシング界の中心であったカネロが、どのような選択をするのか注目したい。