新たな刺客カシメロ「モンスターかかってこい」井上尚弥も対戦前向き

(写真:ロイター/アフロ)

11月30日(日本時間12月1日)イギリスのバーミンガムで、WBO世界バンタム級王座統一戦が行われ、正規王者ゾラニ・テテ(31=南アフリカ)と同暫定王者ジョエルリエル・カシメロ(30=フィリピン)が戦った。

この階級は、井上尚弥(26=大橋)が2団体王者(WBA&IBF)として君臨し注目を集めている。

序盤に試合が動く

両者がリングに上がり目についたのは身長差だ。

テテは173cm(リーチ182cm)、対してカシメロは163cm(リーチ162cm)。

身長差は10cm、リーチ差は20cmもある。

序盤はテテが、リーチを活かして戦おうとするのに対し、カシメロはガードを下げ体ごと飛び込みながらパンチを狙う。

テテは怪我の影響で1年近くのブランクがあるため、慎重な立ち上がりを見せた。

続く第2Rでは、テテがジャブでペースを握っていく。カシメロは、長いリーチを持つテテの懐に入り込めずにいた。

少しづつテテが、ペースを握っていくかに見えたが、第3Rで状況が一変。カシメロが体ごと飛び込みながら放った右がヒットし、テテがダウン。

テテは立ち上がったが、ロープに持たれかかり足元もおぼつかない。そんなテテに対して、カシメロがラッシュをかけ、2度目のダウンを奪う。

その後立ち上がるも、もうフラフラだ。カシメロが詰めかかったところでレフリーが試合をストップ。

カシメロの3RTKO勝利となった。予想ではテテ有利の声が多く、番狂わせとなった。

飛び込みながら打つ

KO勝ちに繋がったパンチをスローで見ると、カシメロが飛び込みながら放った右が、ダッキングしようとしたテテのテンプルにもろに入っている。

急所であるテンプルにパンチをもらうと脳が揺れて、方向感覚がなくなる。

顎へのパンチと違い、三半規管が揺れて体を制御できなくなるのだ。

私も経験があるが、相手との距離感がわからなくなりパンチをもらいやすくなる。

立ち上がったテテだったが、この一発が完全に効いてしまい、その後もパンチを浴び続けてしまった。

カシメロは、2Rからしきりに踏み込みとフェイントを掛けていたので、狙っていたパンチだったのだろう。

パッキャオをはじめフィリピンの選手は、体重を乗せながら打つパンチを得意としている。

体ごとぶつけてくるようなパンチを打つので、非常に体重が乗った強いパンチとなる。

下の階級から上げてきたカシメロだが、体重が増えるに連れて力強くなっている印象を受ける。

番狂わせと言われた試合だったが、カシメロはここまで3階級を制覇している実力者だ。

過去には井岡一翔に勝利した、IBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロンにも勝利している。

混戦のバンタム級

今回の試合を得てバンタム級は以下の顔ぶれとなった。

WBA スーパー&IBF 井上尚弥(26=大橋)

WBC ノルディ・ウーバーリ(フランス)

WBO ジョンリル・カシメロ(フィリピン)

一時期は暫定王者を含めて6名の王者がいたが、現在は3名となった。

井上も自身のSNSで、以下のように載せており対戦に前向きのようだ。

カシメロも「次は井上と戦いたい。モンスター、かかってこい」と対戦を熱望している。

井上の次戦は、ドネア戦での怪我の回復に努めて、来春にアメリカ開催の予定だ。

うまく交渉がまとまれば、次の試合での対戦もありえるかもしれない。

今回勝利したカシメロは非常に好戦的な選手であるので、井上とのぶつかり合いもぜひ見たい。

井上が目指す4団体同時統一王者は、これまで以下の4名だけだ。

テレンス・クロフォード(スーパーライト級)

バーナード・ホプキンス(ミドル級)

ジャーメイン・テイラー(ミドル級)

オレクサンドル・ウシク(クルーザー級)

全階級で過去にも4名しかいない、階級最強の証でもある快挙達成に期待したい。