大激戦 IBF王者スペンスがWBC王者ポーターからダウンを奪いタイトル統一

(写真:REX/アフロ)

アメリカのロサンゼルス、ステープルズ・センターで、WBC・IBF世界ウェルター級王座統一戦が行われた。

2万人近くの大観衆の中、IBF王者のエロール・スペンス・ジュニア(29=アメリカ)とWBC王者のショーン・ポーター(31=アメリカ)が戦った。

激しいペース争い

今回の試合では両者のスタイルは大きく異なる。

サウスポースタイルのスペンスは、身長177cm(リーチ183cm)。

それに対し、オーソドックスのポーターは、170cm(リーチ177cm)。

そのため、体格が一回り小さいポーターが前に距離を詰めていき、スペンスが距離を取って戦う構図となった。

序盤は静かな立ち上がりで両者見合っていたが、徐々にポーターが前に出てプレッシャーをかけていく。

対するスペンスは距離を取りながら、ジャブをついて様子をうかがう。

近距離ではポーター、遠距離ではスぺンスがペースを握っていった。

両者の得意とする距離が異なるため、激しいペース争いが繰り広げられた。

中盤、スペンスが接近戦でボディを放ちポーターの動きを止めにかかるが、勢いがあるためなかなか止まらない。

だが、徐々に距離を掴んだスペンスが、ポーターの打ち終わりにパンチを集めていく。

下がったらスペンスがペースを握るため、ポーターも負けじと前に出る。

攻勢ではポーターだが、パンチの適格性ではスペンスが上回った。

ダウンでペースを引き戻す

後半、体格が上回るスペンスが接近戦で圧力を掛けていく。

ポーターも負けじとパンチを返し、ポイントを振り分けるのが難しいラウンドが続いた。

両者後半になり疲労も見られる中、11Rにスペンスの得意の左フックが炸裂し、ポーターがダウン。

ボディ打ちで警戒させていたところに、いいタイミングで顔面にフックが直撃した。

これで試合が終わってもいいタイミングで入ったが、ポーターも立ち上がり意地の攻勢を見せる。

試合後にポーターが語っていたが、このダウンが勝敗を決める大きな差になった。

最終ラウンドでは、ダウンを奪ったスペンスが攻勢を掛けていった。

KOでは決着がつかず勝負は判定へ。

2-1のスプリットディシジョン(116-111-2者がスペンス、115-112-1者がポーター)でスペンスが王座を統一した。

激戦のウェルター級

試合後のインタビューでスペンスは、「最高の気分。タフな試合だったが、努力が報われた。誰とでも試合をしたいし、挑戦を受ける」と語った。

また、元世界2階級王者ダニー・ガルシア(アメリカ)も、リングに上がり両者の健闘をたたえた。

この階級は、非常に激戦で他の王者達にも注目だ。

WBA王者にはレジェンドのマニー・パッキャオ(フィリピン)が君臨し、WBO王者には無敗のテレンス・クロフォード(アメリカ)がいる。

クロフォードは、パウンドフォーパウンドランキング(全階級で誰が強いか)で2位にランクインされていて、前スーパーライト級4団体統一王者だ。

他にもパッキャオと接戦を演じた、キース・サーマン(アメリカ)や、リング場に上がって対戦をアピールしたダニー・ガルシア(アメリカ)も健在。

最近の世界的な傾向で、選手達もビックマッチを求めてアピールしている。

混戦を極めるこの階級の最強は誰なのか。ウェルター級の盛り上がりに期待が高まっていく。