井岡一翔に立ちはだかるパリクテ「右ストレートが一番の武器、当たれば一撃でKOだ」

全てスタッフ撮影

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦で、4階級制覇を目指す井岡一翔(30=Reason大貴ボクシングジム)が、同級1位のアストン・パリクテ(28=フィリピン)と対戦する。

フィリピンで調整を続けるパリクテに話を聞いた。

パリクテのスタイル

井岡の対戦相手パリクテは、フライ級離れしたパワーを持っている。軽量級では大柄な選手で、長身173cmから打ちおろすストレートは、迫力がある。

強いパンチをどんどん振り、体格を活かしたボクシングで勝ち続けてきた。

戦績は、28戦25勝(21KO)2敗1分。軽量級にしてはKO率も高い。

井岡に勝った、フィリピンのドニー・ニエテスとも引き分けている。

来日するまで、フィリピンの首都マニラから、車で約7時間のところにある、標高1500mの山岳地帯バギオで調整を続けている。

画像

井岡対策はしない

今回の試合に向けて、約2ヶ月前からバギオで合宿を行っている。

トレーニングは午前と午後の2部制で 、朝8時から、ジムでフィジカルトレーニングを行い、午後は、実戦的なトレーニングを行う。

コンディションも整っているようで、90%くらいの状態に仕上がっていると話していた。

対戦相手の井岡に対して、「きっとすごい選手なんだろうと思います」と話したが、あまり興味はないようだ。

ボクサーは、試合前の対策で、2つのタイプに分かれる。

相手のスタイルを、ビデオなどで入念に対策して、リングに上がるタイプ。

対策はトレーナーや陣営に任せて、相手に合わせず、自分のスタイルを磨いて戦うタイプ。

パリクテは、後者のタイプで、相手の研究は一切しない。実際に戦うのと、映像では大きなギャップがある。

私も経験があるが、映像で研究しすぎると、実際の試合では大きく違ってくるので、想定外の事態がおこる。

相手もスタイルを変えてくるため、試合の映像を見ない選手も多い。

当たれば一撃でKO

井岡は、パリクテ対策として、長身の選手への対策を練っている。だが、パリクテ陣営も想定済みだ。

「井岡はパンチを当てるためには、近づかなきゃいけないが、自分はその必要が無い」と話した。

また、パワーとスピードには自信があるようで、「右ストレートが一番の武器、当たれば一撃でKOだ」と宣言した。

勝負のポイントは両者の戦う距離になるだろう。

井岡は、中に入り込みたいが、パリクテは身長差を活かすため、距離を取りたい。自分の得意な距離に持ち込むことが、勝敗に繋がる。

前半のペース争いが鍵となるだろう。

画像

パッキャオのようになりたい

パリクテはインタビューの最後に、「夢は、世界チャンピオンになって、家族を助けたい。

そして、フィリピンの英雄であるマニー・パッキャオのような存在になりたい」と語った。

海外の舞台で活躍している、次期大統領候補のパッキャオに憧れている選手も多い。

また、フィリピンでは、ボクシングが非常に人気のスポーツで、国民の期待と熱が高い。

パリクテの合宿地には、過去にパッキャオも訪れている。ここでパッキャオに出会い、一緒にトレーニングを行うこともあるそうだ。

「チーム・パッキャオ」の一員として交流も深い。

パッキャオに認めてもらうために、今回の試合に勝つ必要がある。

試合は、6月19日(水)夜9時から、TBSで生放送される。

4階級制覇に立ちはだかるパリクテと、井岡がどのように戦うのかに注目だ。

画像