『エイリアン: コヴェナント』。滅びゆく人類はなぜ滅ぶべきなのか?

リドリー・スコットよどこへ行く……(この記事にはネタバレがあります)。(写真:ロイター/アフロ)

スペインで5月12日から公開されている『エイリアン: コヴェナント』を見てきた。

オフィシャルサイトのキャッチコピーに「絶望の、産声。」とあるが、まさに絶望的な気持ちになった。エイリアンのせいではない。人類のどうしようもなさの方にだ。(以下、ネタバレがあります)。

有人探査はあったのか?

そもそも、この「人類初の大規模な移住計画」には無理がある。

無人探査しかしていないらしい惑星に、なぜいきなり「コールドスリープ中の2000人の入植者」を乗せて突っ込むのか? 順番は無人探査→有人探査→移住だろう。まずは地球の精鋭を送り込んで生活させてみる。そうして生活可能となれば大規模移住へと移行するのが筋だ。

だが、コヴェナント号の乗組員は有人探査による情報を持っていない。目的地の惑星の映像やビデオもないし、先住者と交信した様子もない。

あまり納得して地球を出たとは思えない。だからこそ、途中で未知の惑星と出くわして「そっちへ行ってみるか」となるのである。もうコールドスリープのカプセルには入りたくない、なんて言って。

もし、有人探査の時間がなかったのだとすると乗組員の質の方に疑問が出て来る。

乗組員は人類の代表か?

彼らは本当に人類の誇るエリート中のエリートなのだろうか?

アクシデントに動揺し功名に走り、人類の英知を結集し何十年もの歳月を費やしたはずの「移住計画」をあっさり捨てる。決断する者のメンタルが弱過ぎるのだ。思えば、貨物船ノストロモ号の労働者たちの方がまだ常識があった。彼らは会社の陰謀によって探査を余儀なくされたのだった。

途中で移住計画を投げ出すような者たちだから、ろくに調査もせずヘルメットもかぶらず未知の惑星に降り立つ。微生物とか細菌とかの心配は一切せず。だから起こるべきことが起こるのである。

カップルで移住の幻想

乗組員たちは全員カップルという設定だが、これにも疑問がある。

移住だからカップルの方が良い、と直感的に思いがちだが違う。クローンを作り出し胚を培養して冷凍保存する技術があるのである。入植地で子供を産む必要はなく、セックスは快楽ためのだけにある。

その快楽の最中に殺されてしまうカップルはまるで『13日の金曜日』である。あっちは馬鹿な若者たちだからそれでいいが、こっちは人類の代表なのだ。しかも、音楽をガンガンに流していたから避難命令が聞こえなかったなんて……。

言うまでもなく、愛は判断を狂わせる。

恋人や妻、夫を失くせばもう冷静な決断はできない。映画の中でも、ルールやプロトコルは愛の前に簡単に破られてしまう。『インターステラ―』やナショナルジオグラフィック製作の『マーズ 火星移住計画』は、そんな人間の心の弱さを冷徹に描いていた。恋人のために命を捧げてもいい。愛を失い自暴自棄になってもいい。だが、2000人の入植者を巻き添えにしてはいけないのだ。

以上のことから浮かび上がって来るのは、人類の絶望ぶりである。地球は本当に滅びつつあり、乗組員の選抜と訓練の余裕すらなかった。彼らが人類の最後の希望だとすれば、人類滅亡の理由もわかろうと言うものだ。