今季から米ツアーに参戦している渋野日向子が、一時帰国して19日から開幕した国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスに出場している。

 初日は74の2オーバーと苦戦を強いられ、プレー中もそこまで笑顔はなかったが、「こんなに多くのギャラリーの前でのプレーは久しぶり」と程よい緊張感の中でのゴルフを楽しんでいるようにも見えた。

 大会前に行われた記者会見では、米ツアーやアメリカ生活で感じた様々な事を語ってくれていたのだが、言葉の話題が韓国でも取り上げられ、話題になっていた。

 まだ英会話ができない渋野だが、言語の習得について聞かれるとこう答えた。

「英語よりも韓国語のほうが覚えました。『お疲れ様です』を韓国語では『スゴハショッスムニダ』って言います……」

 一瞬、会見場がリアクションに困り、シーンとなったが、すかさず渋野は「笑ってください、笑ってください(笑)」と返して笑いを誘っていた。ちなみに「スゴハショッスムニダ」の発音を聞いたがバッチリだった。

 もちろん英語の勉強もしているだろうが、韓国語を自分で調べていたのにはちゃんとした理由があった。

「イ・ジョンウンっていう選手と仲良くさせてもらっているのですが、ちょこちょこ日本語がしゃべれるんです。だから私もなんかしゃべりたいと思って覚えました」

 イ・ジョンウンは韓国ツアーの2年連続賞金女王で、2019年から米ツアーに参戦し同年の全米女子オープンでツアー初優勝をした選手。そんな彼女と米ツアーで仲良くなり、自ら韓国語を覚えて会話するようになったという。

渋野が韓国語に関心を持っている話を伝える韓国メディア(写真・「jtbc GOLF」キャプチャー)
渋野が韓国語に関心を持っている話を伝える韓国メディア(写真・「jtbc GOLF」キャプチャー)

ロッテ選手権2位で渋野を知る韓国ファンも多く

 この話題に韓国メディアも反応。ゴルフメディアの「jtbc GOLF」は「LPGAルーキーの“シブノ”、『英語よりも韓国語に関心あり』」と見出しをつけ、渋野の会見の様子を伝えていた。

 今季のロッテ選手権で2位になった渋野は、同大会の優勝者でもあるキム・ヒョージュとデッドヒートを演じたこと、さらには相手のプレーを称える拍手などの行動が話題になり、韓国のゴルフファンに好印象を与えたことで広く認知されている。

 米ツアーでは多くの韓国人選手がプレーしているが、イ・ジョンウンのように日本語が少し分かる選手もいると聞く。同じアジア選手同士で仲良くなりやすい環境なのかもしれない。

 それにしても、米ツアーで英語の話題を振られて、「韓国語を覚えた」と返してくる選手も珍しい。

 2019年に全英女子オープンを制覇したあと、“スマイル・シンデレラ”の愛称がつけられるほど米ツアーでの認知度を高めたが、韓国でも“シブノ”の名は少しずつ知れ渡っているようだ。