卓球日本代表の平野美宇を下した“帰化選手”韓国のチョン・ジヒって一体何者?

T2ダイヤモンド1回戦で平野美宇を下した韓国のチョン・ジヒ。日本でプレーしている(写真:田村翔/アフロスポーツ)

 T2ダイヤモンドの女子シングルス1回戦で平野美宇が、韓国のチョン・ジヒ(田志希)にまさかの敗戦を喫した。

 平野にとってこの敗戦が手痛いのは、五輪代表レースで石川佳純と激しく争っているから。しかも石川も21日の1回戦で敗れていたこともあり、ここは確実に勝利しておきたいところだった。

 だが、過去3勝の相手に最後は敗れるという波乱。試合後に平野は「こんなんじゃ(五輪へ)出場しても…。今のままじゃだめだと思うので、あと2大会(北アメリカオープン、ワールドツアーグランドファイナル)に賭けたい」と語っている。

 そもそもチョン・ジヒとは一体、どんな選手なのか。

 2019年11月現在の世界ランキングは20位。韓国選手では同16位のソ・ヒョウォン(徐孝元)に次いで2番手だ。

 昨季(18-19)から新たにスタートしたTリーグに参戦。トップおとめピンポンズ名古屋でプレーしていたが、今年8月から日本生命レッドエルフに移籍。つまり、平野美宇とは同じチームということになる。

 シングルスでのプレーだけでなく、左利きでダブルス巧者でもあることから、日本生命には必要不可欠な存在だという。

 実績もある。16年のリオデジャネイロ五輪では韓国代表としてシングルスベスト16入りし、18年の世界卓球では韓国・北朝鮮の合同チーム「コリア」代表として出場。準決勝では日本の伊藤美誠に敗れるも銅メダルを獲得した。

 また今年10月のITTFワールドツアー・ドイツオープンでは、女子ダブルス決勝戦でチョン・ジヒ/ヤン・ハウン(梁夏銀)ペアが、日本の木原美悠/長崎美柚ペアを3-1で下して優勝している。

 日本では世間一般的には広く知られた存在ではないが、Tリーグで着実に力をつけている選手で、日本のライバルとして2020年東京五輪にも出場してくるのは間違いない。

中国で将来有望だった存在

 そんな彼女、実は中国の河北省出身で帰化選手だ。中国名はティエン・ミンウェイ。

 父の影響で8歳からラケットを握り、名門・山東魯能で腕を磨いた。国家女子2軍チームのメンバー入りするなど頭角を現し、有望株として注目さされていた。

 ただ、中国卓球界の層は厚く、1軍入りするのは至難の業。そこで08年に韓国に渡った。そのきっかけを作ったのが、11年に発足した実業団チーム「ポスコエナジー」のキム・ヒョンソク監督(リオ五輪女子卓球韓国代表監督)。

 当時、チームの戦力を発掘するために動いていたところ、チョン・ジヒに声をかけてメンバー入りさせた。

 11年に韓国国籍を取得しているが、言語を習得することや一般帰化テストに合格するのはそう簡単なことではない。

 14年に掲載された韓国紙「中央日報」の取材に対し、「韓国語を覚えるために必死に先輩についてまわり、ドラマもたくさん見た」と証言しているが、語りつくせない苦労を乗り越え、韓国代表入りするまでに成長した。

 卓球の技術も韓国で新たに磨きがかかった。本来の強みであるバックハンドの攻撃に加え、“前進速攻型”といわれる韓国スタイルの卓球も身に着けた。

 今回のT2ダイヤモンドで平野美宇を倒したことで、国内でもチョン・ジヒは注目を浴びているが、次は準々決勝で世界ランキング1位、中国の陳夢(チェンムン)と対戦する。

 中国卓球の実力をよく知るチョン・ジヒが、この高い壁を乗り越えていけるか注目だ。