イ・ボミの結婚報道に触れ思うこと。ズレた発表のタイミング

12月に俳優イ・ワン氏と結婚することが決まったイ・ボミ(筆者撮影)

 プロゴルファーのイ・ボミと韓国の俳優、イ・ワン氏との交際報道が表に出たのは去年の11月末のこと。

 その後の12月のオフシーズン、都内でインタビューを受けてくれたイ・ボミは、こんなことを話していた。

「正直、オッパ(韓国語で『年上のお兄さん』の意味)がいたから、今シーズンを耐えられた部分もあります。今年は結果が出なくて、ゴルフをやめたいと思ったときもあったのですが、ダメなときほど『それでもよくがんばっている』と精神面で支えてくれていました。結果を残せないと、イライラするときもありますよね。そのたびに『ほかの選手たちは優勝できるか、できないかの中でがんばっているのに、欲深すぎるんじゃないのか』って。今の自分のプレーにベストを尽くすだけでも、がんばっていることになるんじゃないかと諭されます。確かにそういう一面はあるなと……」

参照:【イ・ボミ独占告白】初めて味わった挫折、復活に向けて支えてくれた交際相手のこと…

 交際報道が公になると、何も包み隠すことなく、むしろパートナーがいたからこそ、精神的に支えられて、辛い時期を乗り越えられたと正直に話してくれた。

 のろけて話すその表情がとても印象的だった。

 そしてイ・ボミが12月に結婚するというニュースが先月、韓国メディアの情報から飛び込んできた。

 韓国では「すっぱ抜いた!」とばかりに、センセーショナルに報じられていたが、イ・ボミの年齢のことも考えるとある意味、結婚は時間の問題だった。

 今年に入って、その話題について何度か聞いてみたこともあったが「まだ結婚のことは話したりしてないんですよー(笑)」とうまく交わされてばかり。もちろんその時も、イ・ボミはうれしそうに話していたのだが……。

 そこで分かったのは、結婚はほぼ決まっているけれども、発表のタイミングをどこでするのか――。ただ、それだけだったと思う。

 それに今年2月、韓国でイ・ボミの母・ファジャさんに会ったときは「(ボミの結婚は)早くて今年の12月かな?」と、とてもうれしそうに話していた。

 イ・ボミ本人や母からも、交際が順調であること、両家ともに良好な関係で、家族ぐるみでゴルフに行くことも話してくれていた。

 日本ツアーデビューを果たした2011年からこれまで長らくイ・ボミを追ってきた立場からしても、最後はめでたくゴールインしてもらえれば、これほどめでたいことはない。

結婚後も日本ツアーに出る意向

 そして今週開催される日本女子オープンに姿を現したイ・ボミは、当然メディアから質問攻めにあった。

 シーズン中にこうした話題で注目され、「みんなに祝福されてうれしい」と笑顔を見せるが、一方で、多少の戸惑いもあるに違いなかった。

「シーズンが終わってからの発表にしたかった」と話しているのは、彼女の本音だと思う。

 それはイ・ボミがプロゴルファーである以上、いい結果でシーズンを終えてから、次に進みたいという思いがあるからにほかならない。

 2018年は優勝がなく、賞金ランキングも83位と自身ワーストと辛い時期を過ごしてきた。

 だが、今年は調子が徐々に上向き、トップ10入りが4回。獲得賞金も2000万円を超えて賞金ランキングは44位。シード獲得は見えてきたが、まだ予断は許さない状況で正念場を迎えている。

 シード獲得を目指すということは、結婚後も日本ツアーに出場するということ。まだまだ体が動く以上は、日本でゴルフを続けていく覚悟はある。

 そのためにもイ・ボミの心境としては、納得のいく結果でシーズンを締めくくりたいところだ。