サッカーACLで本田圭佑と対戦する日本人Kリーガーの“ツバサ・ニシ”って誰!?

昨年6月から大邱FCに加入した西翼(写真:クラブ公式サイトのスクリーンショット)

 サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区の1次リーグが5日に開幕する。

 2連覇が懸かるグループEの鹿島アントラーズはホームでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と、グループFのサンフレッチェ広島はアウェーで広州恒大(中国)と対戦する。

 さらに明日6日はグループGの浦和レッズがホームでかつて浦和に在籍した細貝萌を擁するブリーラム・ユナイテッド(タイ)と、グループHの川崎フロンターレは、アウェーで上海上港(中国)と対戦する。

 やはり日本勢の動向が気になるところだが、一方で、今年は元日本代表MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)がACLの舞台に登場することも、一つの大きな話題となっている。

 今日メルボルン・ビクトリーはホームで、韓国Kリーグの大邱FCを迎え撃つのだが、そこに日本人選手がいるのをどれくらいの人がご存じだろうか。その名はMF西翼(にし・つばさ、28歳)だ。

ポーランド4部からプロに

 大邱FCで有名な韓国選手と言えば、ロシアW杯にも出場した韓国代表GKチョ・ヒョヌだ。

 そんなチームで西翼の登録名は“ツバサ・ニシ”となっている。翼と言えば、日本で有名なサッカー漫画の「キャプテン翼」を思い浮かべる人も少なくないはずだ。

 もっとも、日本で西翼のことを知る人はほとんどいないかもしれない。というのも、まだ一度も日本のJリーグでプレーしたことがない。

 彼が大邱FCに加入したのは昨年6月のことで、その前は長らくポーランドのクラブでプレーしていた。

 大邱FCのクラブサイトのプロフィールを見ると1990年4月8日、熊本県出身で身長173センチ、66キロ。柿谷曜一朗(セレッソ大阪)、山口蛍(ヴィッセル神戸)、大迫勇也(ブレーメン)などが同年代となる。

 そんな西はルーテル学院中学校在籍時に全国中学校サッカー大会で優勝。同高校時代は2年の時に第86回全国高校選手権大会に出場。専修大学に進学し、2012年には関東大学サッカーリーグでの優勝経験もある。

 大学卒業後は日本でプロになることを選択せず、2013年にポーランド・3リーガ(4部リーグ)のKSグバルディア・コシャリンに加入した。

 それからポーランドのクラブを転々とし、韓国に来る前はポーランドの首都ワルシャワを本拠地とするレギア・ワルシャワに在籍。レンタルで4カ月、スロバキアのミハロフツェでプレーしたあと、韓国に渡ってきた。

「今では大邱FCの貴重な戦力」

 まだ韓国に来て1年も経っていないが、少しずつ適応してきている様子で、昨年は9試合に出場。

 今年は1日にKリーグが始まったばかりだが、開幕戦には西翼の名前があった。3-4-3の中盤で起用され63分に交代したが、豊富な運動量で昨年王者の全北現代を相手に1-1の引き分けに貢献した。

 韓国のサッカー担当記者も「今では大邱FCの主力で貴重な戦力ですよ」と太鼓判を押す。「日本でほとんど名が知られていない」と伝えると、そのことにも驚いていた。

 もちろん今日は本田圭佑がACLに初登場するだけに大きな話題になるのは間違いない。だが、本田の対戦相手となる大邱FCのもう一人の日本人、西翼にも注目してみたい。