辛勝が続くサッカー韓国代表。待望の“エース”FWソン・フンミン合流も中国戦の出場は微妙!?

13日のマンチェスター・U戦を終えて代表チームに合流するソン・フンミン(写真:ロイター/アフロ)

 またもや1-0の“辛勝”だった。

 UAEで開催されているサッカーアジアカップのグループCの第2戦で、韓国代表がキルギス代表と対戦し、1-0で勝利した。

 前半41分にCKからDFキム・ミンジェが頭で合わせて先制し、その後もいくつもの決定機を作り出したが、幾度もゴールバーに嫌われるなど、追加点をうばえないまま試合が終了した。

 2連勝して勝ち点6となり、グループ1位で決勝トーナメント進出を決めたが、初戦のフィリピンに続き、キルギスにも辛勝した事実に、韓国メディアの論調は手厳しい。

「キルギス相手に1-0。恥ずかしい韓国サッカー」(『スポーツ韓国』)

「また苦しい90分、韓国サッカー気まずい16強」(『世界日報』)

 試合後、パウロ・ベント監督の表情は「試合内容は良くなかった」と、明るいものではなかった。

 というのも、16日には同組1位で並ぶ中国とのグループリーグ最終戦が控えている。

 フィリピンに3-0で勝利し勢いに乗る中国と、グループ1位の座を争うわけだが、ここで勝利しなければ、アジアカップ優勝への道のりは険しくなるのを誰よりも知っているからだ。

 ベント監督が頭を悩ませているのが、今季絶好調のFWソン・フンミン(トッテナム)の起用だ。

 ここまでプレミアリーグでは16試合8ゴール6アシスト、カラバオカップで3ゴール、FAカップで1ゴールを決めているが、アジアカップへの合流はクラブとの合意で遅れている。

 トッテナムが「ソン・フンミンは1月13日(現地時間)に行われるプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦の後に代表チームに合流する」と発表したためだ。

 中国戦(16日)には出られるのだが、あまりにも強行スケジュールだ。

 14日にロンドンを離れて、UAE入りしても移動距離や疲労を考えた場合、15日は休みを取りたいだろう。

 いくらソン・フンミンが好調とはいえ、翌16日に試合をするのはかなり過酷な状況だ。

 キルギス戦後のベント監督の言葉から、ソン・フンミンを中国戦に出すべきか、迷いが見え隠れしていた。

「ソン・フンミンが合流しても、自分たちのプレースタイルには変わりはない。攻撃力を改善する必要がある。合流したあと、いつ試合に出るのかを判断したい」

 アジアカップの2試合で露呈した決定力不足を解消するためにも、中国戦ではソン・フンミンを起用し、確実にグループ1位を決めたいだろう。

 一方で、決勝トーナメント進出を決めた段階で、3試合目は休ませておきたいという心境もあるに違いない。

 仮にソン・フンミンが出場しなくても、現状の戦力で中国に勝てなければ、アジアカップ優勝は難しいかもしれない。