セリエAの北朝鮮代表FWハン・グァンソン、アジアカップ初戦のスタメン濃厚!?

北朝鮮代表キム・ヨンジュン監督とFWチョン・イルグァン(筆者撮影)

 今月からUAEで開催されているアジアカップ。現地時間の8日の20時から(日本時間9日1時)、北朝鮮代表がサウジアラビアとのグループステージ初戦に挑む。

 前日の7日に北朝鮮代表の前日会見と冒頭15分の公開練習が行われた。

 会見に登場したのはキム・ヨンジュン監督とFWチョン・イルグァン。

 神妙な面持ちで会見に登場した二人の表情は少し硬かったが、話が進むにつれて表情もほぐれ、各国記者の質問に一つ一つ丁寧に答えていた。

(参考:サッカーアジアカップ出場の北朝鮮代表にユベントスが狙ったあのFWが選出!?東京Vの李栄直も期待

 キム監督は前代表監督のヨルン・アンデルセン氏(現・Kリーグの仁川ユナイテッド監督)の契約満了に伴い、新たに代表監督に就任。

 年齢は35歳と若く、現役時代はMFの中心選手として在日コリアンの安英学や鄭大世などと共にプレーした。現役を退いてからは国内でコーチを経験し、代表監督に抜てきされた。

ポゼッションサッカーはしない?

 会見では監督に質問が集中。ただ、質問に対する回答はとても短く、チームの戦い方やチーム状況の詳細が見える内容ではなかった。

 ただ、初戦のサウジアラビア戦に関してキム監督は「自分たちがやってきたことを出すこと。勝ち点を1試合1試合ベストを尽くしていくだけです」と語っており、大会の目標についても「グループリーグ突破が第一目標」と明確ではあった。

 キム監督が目指すサッカースタイルがどのようなものなのかを聞いたが、「サッカーで勝つために必要なのは、攻撃と守備の双方ともにバランスがとれていないといけない」と話していた。

 攻撃や守備の一方に偏る戦い方はしないということだろうか。北朝鮮サッカー関係者によれば「ポゼッションサッカーではない」という。

 つまり自分たちでボールを支配しながらゲームを進めるよりかは、ボールを奪ってからのカウンターが北朝鮮のゲームスタイルになりそうだ。

ハン・グァンソンの能力に期待

 気になるのはイタリアセリエAのカリアリでプレーする20歳のFWハン・グァンソンだ。現在はセリエBのペルージャにレンタル移籍中だが、19試合に出場して7得点3アシストと才能を発揮。会見でも彼に対する質問が飛んだ。

 キム監督は「彼の高い能力は誰もが認めるところ。スピード、フィジカル面で優れており、とても期待している」と語っていた。

 ただ、大会前に行われたベトナム戦で1-1、バーレーン戦で0-4と大敗しており、明確な戦術やスタイルは未完成といったところ。

 冒頭15分の公開練習を見たが、選手たちはリラックスした表情を見せていて、コンディションは悪くないようだった。

 全体練習ではビブス着用していない選手11人の顔ぶれを確認したところ、ハン・グァンソンのスタメン入りはほぼ間違いないだろう。

 ただ、彼はAマッチに2試合しか出場しておらず、連携面に不安を残す。それでも、彼のスピードと能力をどれだけ生かせるかが、サウジアラビア戦のポイントになりそうだ。

東京Vの李栄直「なんとか勝ち点を」

 また、在日Jリーガーの李栄直(東京ヴェルディ)も今では北朝鮮代表には欠かせない選手へと成長。

「厳しい試合になることは覚悟している。なんとか勝ち点を取りにいきたい」と意気込む。

 北朝鮮が入ったグループEは中東の強豪ばかり。サウジアラビア戦のあとは、カタール(13日)、レバノン(17日)と続く。

 実力的にも劣勢は否めないが、いずれにしても今日勝ち点1を取れれば、グループリーグ突破が見えてくるだろう。