サッカー北朝鮮代表が獲得した賞金がミサイル開発に使われる可能性は!?~田嶋幸三会長の賞金未払い発言~

アンデルセン監督指導の下、金日成競技場で練習する北朝鮮代表(筆者撮影)

 東アジアの王者を決める歴史ある大会を前に、なんとも後味の悪いニュースが飛び込んできた。

 東アジア・サッカー連盟会長を務める日本サッカー協会の田嶋幸三会長が7日、東アジアE-1選手権に出場する男女の朝鮮民主主義人民共和国代表(以下、北朝鮮代表)には大会の賞金が支払われないと明らかにしたのだ。

「われわれ(東アジア連盟)としては国際情勢、国連決議を踏まえて支払うことはできないと決めている」

 田嶋会長はそう言いつつも、北朝鮮代表の入国が特例で認められたことについて、「東京五輪の前に、日本ではスポーツと政治が離れていることを示すいい機会。政府には感謝している」と述べていた。

 スポーツと政治が離れていることを示すのであれば、大会に参加した北朝鮮代表に賞金を支払うべきで、発言自体がかなり矛盾しているとも思えるのだが……。

 それこそ、アジアのサッカーをけん引してきた日本サッカー界の長でもある日本協会会長の発言だっただけに、かなり残念でならない。

大規模改修工事された金日成競技場のスタンド(筆者撮影)
大規模改修工事された金日成競技場のスタンド(筆者撮影)

「本来、賞金未払いを呑むわけがない」

 当初、この報道が出たとき、私は「北朝鮮協会は賞金が出ないのを了承したうえで来日した」と思っていた。そのことについて、北朝鮮サッカー協会関係者に確認すると「本来はそんな条件を呑むわけがない」とはっきりと言っていた。

 つまり、北朝鮮代表チームが来日したあとに、東アジア・サッカー連盟が北朝鮮に賞金を支払わないことを決めたということになる。

 それが事実だったとして、そもそも賞金を支払う意思がなければ、最初から北朝鮮代表を呼ばなくても良かっただろう。

 ただ、北朝鮮代表はこの報道があったあとも、通常通りの日程を消化する形を取った。

 北朝鮮代表は初戦の日本代表を相手に、好機を何度も作り出して相手ゴールを脅かした。日本のGK中村航輔(柏レイソル)がビッグセーブを連発し、北朝鮮は最後まで得点することができず、ロスタイムに日本の井手口陽介(ガンバ大阪)に決められて0-1で敗れた。

 北朝鮮代表にはJ2プレーヤーが3人おり、そのうちのカマタマーレ讃岐の李栄直がスタメンフル出場し、ロアッソ熊本の安柄俊も途中出場して、試合を盛り上げた。

 Jリーグでプレーする選手が北朝鮮代表にいることから、日本のサッカーファンも十分に楽しめた試合だっただろうし、北朝鮮に対するイメージも大きく変わったに違いない。

 そんなすがすがしい試合とはまったく関係のない「賞金未払い問題」から、大きな誤解が生まれているのも事実だ。

FIFAの支援により新たに張り替えられた金日成競技場の人工芝(筆者撮影)
FIFAの支援により新たに張り替えられた金日成競技場の人工芝(筆者撮影)

W杯出場後、国を挙げて強化

 もっとも、東アジア・サッカー連盟が賞金を支払わないと決めた理由は「もしかしたら(賞金が)核やミサイル開発に使われるのかもしれない」と考えるのが一般的だろうか。

 正直、サッカー大会で得られた賞金をミサイル開発に使うとはとても考えにくい。

 というのも、北朝鮮は国をあげてサッカーの発展のために多額の強化費を投入しているからだ。すべては世界のサッカーシーンに登場するためだ。

 北朝鮮国内のサッカーを取り巻く状況が大きく変わったのは、2010年南アフリカW杯に44年ぶりに出場を決めてからだ。国民のサッカー熱や関心が大きく高まり、その後、国がサッカー強化のために全面的なバックアップを始めた。

 私が平壌で実際に目にしてきたサッカー施設には、確かに多額の投資が行われていた。それは国の支援だけでなく、国際サッカー連盟(FIFA)の協力も大きい。

FIFAのゴールプロジェクトが支援

 FIFAは1999年から「ゴールプロジェクト」をスタートさせた。これは発展途上にある各国サッカー協会への経済的援助で、世界のサッカー協会からの要請を提案の形で受けて審査し、サッカー施設やサッカー協会の建設を支援している。

 北朝鮮は2001年にFIFAから45万ドルの支援を受け、金日成競技場の人工芝を張り替えており、スタンドも全面的に改修工事を行っている。

 さらに代表選手のトレーニングセンターもFIFAの援助により大きく様変わりした。私が8年前に訪れた代表戦選手のトレーニングセンターで、当時の北朝鮮代表を南アフリカW杯出場に導いたキム・ジョンフン監督がこんな説明をしてくれた。

「ここは1982年から代表の合宿所として使用されてきました。2004年にFIFAのゴールプロジェクトによって大きく整備され、立派な施設に変貌を遂げました」

 全6面の広大なピッチと敷地内には男子と女子の宿泊施設があり、ウェイトトレーニングルームも完備されていた。当時はそこに協会本部とユース代表選手の宿舎も建設中だったが、今では立派な建物に完成しているに違いない。

 のちに聞いた話だが、FIFAは協会の建物とトレーニングセンター敷地内の合宿所の補修工事に41万ドルを支援している。

平壌国際サッカー学校の室内練習場。小学生くらいの少年と少女が熱心に練習していた(筆者撮影)
平壌国際サッカー学校の室内練習場。小学生くらいの少年と少女が熱心に練習していた(筆者撮影)

平壌国際サッカー学校も建設

 さらに、2013年5月に開校した平壌国際サッカー学校(アカデミー)の建設のためにも、FIFAは50万ドルを支援しているという。

 私も先月11月に平壌国際サッカー学校を取材してきたが、サッカーだけに専念できる優れた環境が整っていた。敷地面積は約1万2000平方メートルで、校舎、寄宿舎、厚生施設が併設されている。

 ここではサッカーの実技だけでなく、普通の学校と同じ授業も行われていて、8歳から15歳の男子70名、女子50名がほどが在籍していると言っていた。

 選抜方法はすべてスカウトで行われる。全国各地の学校に送り込まれたスカウトマンが、各地のサッカー大会や練習を視察に訪れ、センスのある選手をアカデミーに呼ぶという。

 もちろん、アカデミーの最終目的は国家代表の選出だが、そこにたどり着くのはほんの一握りだ。

6カ月に1回テストで競争

 在日本朝鮮人蹴球協会理事長で朝鮮サッカー協会副書記長も務める李康弘理事長が、こんなことを教えてくれた。

「朝鮮代表の強化やイタリア・セリエBのペルージャでプレーするハン・グァンソン(今季7ゴールを記録中)など、海外でプレーする選手が出ているのは、やはりサッカーアカデミーの功績が大きいです。アンダーカテゴリーの代表選手もすべてこのアカデミーの選手。彼らには優れた環境の中でサッカーができる反面、厳しい競争にも置かれています。6カ月に1回はテストがあり、1年で結果が出なければ、ふるい落とされます。つまり、また地元の学校に戻らないといけない。毎年、そうして入れ替えを行っていくのです。そうなると、最初から最後まで残るのは片手ぐらいしかいません」

平壌国際サッカー学校のグラウンド。1対1でゴールに向かう練習を徹底的に叩き込まれていた(筆者撮影)
平壌国際サッカー学校のグラウンド。1対1でゴールに向かう練習を徹底的に叩き込まれていた(筆者撮影)

 つまりは、ピラミッド式の競争で、アカデミーで学ぶ選手を競わせているということになる。そうすることで強いハングリー精神が養われる。さらにイタリアとスペインのアカデミーとも提携して海外に選手を送り込んだ実績もある。そうしてイタリア進出を成功させたのが、ペルージャに所属するハン・グァンソンやチェ・ソンヒョクだ。

 さらに北朝鮮代表は25年ぶりの外国人指揮官となるヨルン・アンデルセン監督を招へいしたが、彼との契約金も協会の強化費だ。公式に公開はされていないが、決して安い金額ではないだろう。

 今回の東アジアE-1選手権では、男子で25万ドル(約2800万円)、女子で7万ドル(約784万円)の優勝賞金が設定され、2~4位にも賞金が出るという。東アジア全体のサッカーのレベルアップを考えたとき、こうした賞金は参加チームに対しては平等であるべきだと思う。

 さまざまな分野で資金が必要となるのがサッカーの強化だ。こうした大会で賞金を獲得できるならば、強化費にあてたいと思うのは至極当然のことではないだろうか。

ペルージャのFWハンが育つ北朝鮮の土壌

 世界のサッカーシーンを見渡すと、東アジアの国では日本は中田英寿、韓国にはパク・チソンなどが欧州のビッグクラブでその名を馳せた。それこそアジアが世界に誇れる選手たちだろう。

 そして今大会、クラブチームの都合で来日できなかったが、今季イタリア・セリエBで7ゴールを決めている北朝鮮代表で19歳のハン・グァンソンが、いずれ世界に大きく羽ばたこうとしている。

 ハン・グァンソンの成長の陰には母国の支援によるサッカー強化やFIFAの支援があり、着実にその恩恵を受けて欧州で成功を収めた選手だ。これはFIFAが掲げる一つの理想の形ではないだろうか。

 世界に羽ばたく選手が育つ土壌がある北朝鮮サッカー界に対し、それでも東アジア・サッカー連盟は「国際情勢、国連決議」の括りで、賞金を支払わないと締め付けてしまった。これで果たして、東アジアのサッカー発展に貢献していると堂々と言えるだろうか。

 東アジア全体のサッカーのレベルアップのために存在する東アジアE-1選手権。本来の目的を見失わないためにも、もう一度、田嶋幸三会長の言葉の意味を考える必要があるのかもしれない。