寒さ本格化と木枯らし1号

来月初めにかけて、日本海側では寒気の影響を受けやすい見通し(著者作成)

 記録的な暖秋から一転、寒さが本格化する兆しが見えてきた。14日から15日にかけて、東京地方で木枯らし1号が吹く可能性も。冬支度は待ったなし。

寒さ本格化の兆し

 タイトル表紙はこの先1か月の平均気温が平年より低くなる確率を示した図です。北日本ほど確率が高く、札幌は73%、青森と盛岡は65%、北陸や山陰では50%前後となっています。

 50%程度の確率ではさほど可能性が高いと思われないかもしれません。しかし、1か月予報の精度評価(言わば成績表)によると、予報確率が50%を超えた場合、実際に出現した割合は予報確率より10%以上高くなる結果がみられます。つまり、予想した以上にそうなりやすいのです。

 これまで気温の高い状態が続いていて、札幌では平年と比べ10日遅い初雪となりました。しかし、今後は坂道を下るように、寒さが本格化する可能性が高いと言えます。

七五三に木枯らし1号か?

 10月があまりに天気が荒れた反動でしょうか、今月の東京は小春日和が続いています。例年、東京地方の木枯らし1号は11月5日頃、今年はいつになるのでしょう?

 こちらは14日(木)夜の予想天気図です。低気圧が北海道付近で発達し、北・東日本では等圧線が非常に込み合っています。

11月14日夜9時の予想天気図(ウェザーマップ、著者作成)
11月14日夜9時の予想天気図(ウェザーマップ、著者作成)

 

 等圧線の間隔が狭ければ狭いほど、風が強く吹きます。14日(木)から15日(金)にかけて、全国的に風が強くなり、東京地方でも北西の季節風が強まる可能性があります。

 気象庁が発表する木枯らし1号は10月半ばから11月末までと期間が限定されているため、例年よりも早くても遅くても意味はありません。

 昨年(2018年)は期間中に強い北風が吹かず、木枯らし1号の発表はありませんでした。天気ノートを見返すと、12月半ばに木枯らしが吹いたようです。秋が暖かくなればなるほど、季節感の微妙なずれを感じます。

今月半ば 一段と寒く

 暖房器具、冬用タイヤ、コートや手袋などの冬支度はいつまでに済ませたらいいのか、今後の気温予想を見てみましょう。

 こちらは向こう1か月の予想天気図です。平年と比べ気圧が高い所を暖色で、気圧が低い所を寒色で示しています。

地上気圧予測図(11月9日~12月6日)、気象庁ホームページより
地上気圧予測図(11月9日~12月6日)、気象庁ホームページより

 大陸は平年と比べ気圧が高く、アリューシャン列島は平年と比べ気圧が低く予想されています。今後は西高東低の冬型の気圧配置が強く、寒気の影響を受けやすくなることがわかります。とくに、今月16日~22日は北日本の日本海側で雪がかなり多く、北・東日本で気温がかなり低くなる可能性が高い。関東地方でも乾燥と寒さが進みそうです。

【参考資料】

気象庁ホームページ:向こう2週間・1か月の予測資料

気象庁ホームページ:季節予報の精度

気象庁:全般季節予報支援資料1か月予報 予報期間:11月9日~12月8日、気象庁地球環境・海洋部、2019年11月7日発表