9月も台風は多いのか?

台風11号は24日午後3時、台湾南部を北西に進んだ(ウェザーマップ作画)

 秋は甚大な台風被害が発生しやすい時季だ。この秋も海面水温が高く、台風のさらなる発生が予想される。また、日本列島に近づきやすい気圧配置も。

この1か月で6個発生

 今年の台風はちょっと様子が違います。6月末までほとんど発生せず、今年はどうなるのだろうと思案していました。

 しかし、この1か月間に6個発生し、そのうちの3個が上陸しました。これほどの緩急は予想外で、状況の変化に驚いています。

 台風の発生数は8月24日現在で11個、平年では14個程度ですから、やや少ないものの、上陸数は3個とすでに平年の上陸数に達しています。

【台風の発生数】2019年と平年値を比べたもの(8月24日現在、著者作成)
【台風の発生数】2019年と平年値を比べたもの(8月24日現在、著者作成)

秋は平均して1個上陸

 来月1日は二百十日です。昔から台風の厄日として知られ、台風の猛威に一層、警戒する時期になりました。

 こちらは秋(9月~11月)に上陸した台風の数をグラフにしたもの(1951年から2018年までの68年)です。

【秋】台風の上陸数(1951年~2018年、著者作成)
【秋】台風の上陸数(1951年~2018年、著者作成)

 1998年や2004年のように4個上陸した年もあれば、全く上陸がなかった年も18年あります。これだけでは秋は台風が多いのか、少ないのか、よくわかりませんが、平均すると毎年、1個程度は上陸しています。今年も、もう一つくらいは上陸する可能性があるでしょう。

今後も台風は日本に近づきやすい?

 台風シーズン後半、台風はどのくらい発生して、そして日本列島に近づくのでしょうか。

 最新の3か月予報(9月~11月の天候見通し)によると、北太平洋の海面水温は平年と比べ高く、雲が活発に発生する見通しです。台風の発生に結びつきやすい状況が続くと考えられます。

 そして、もうひとつは太平洋高気圧(夏の高気圧)と上空の強い西風(偏西風)の関係です。秋は徐々に太平洋高気圧が退き、代わって日本の上空に強い西風が流れるようになります。

 この秋はいつもの年より太平洋高気圧が北に張り出し、上空の強い西風も日本列島の北を流れる予想です。

2019年秋の予想天気図(気象庁の予想を参考に著者作成)
2019年秋の予想天気図(気象庁の予想を参考に著者作成)

 そのため、全国的に気温が高くなりやすく、関東や東海、北日本太平洋側は雨が多い予想です。

 また、台風は太平洋高気圧の縁に沿って北上するため、例年より北上しやすい=日本列島に近づきやすいのではないかと考えています。

 いずれにしても、このまま台風シーズンが終わるとは思えず、昨年のような被害が起こらないことを祈るばかりです。

【参考資料】

気象庁:向こう3か月の天候の見通し(9月~11月)、2019年8月23日

気象庁:全般季節予報支援資料 3か月予報(予報期間 2019年9月~2019年11月)、2019年8月23日

気象庁ホームページ:過去の台風資料