なぜ、西日本は梅雨入りしないのか?

夏の高気圧を挟むように、北に梅雨前線、南に熱帯低気圧がある(著者作成)

 記録的に遅れている西日本の梅雨入り。原因は上空を流れる強い西風が日本の南を流れ、梅雨前線が西日本に停滞しないため。来週の水曜日(26日)頃から雨の日が多くなりそうだ。

梅雨は西日本を飛び越えて東北へ

 今年の梅雨はいつもと違う。先週の土曜日(15日)は東北北部が梅雨入りし、残ったのは西日本(九州北部、四国、中国、近畿)だけです。平年と比べて2週間遅れています。

 記録が残る1951年以降で最も遅い梅雨入りは下記のとおり。

九州北部地方(山口県を含む)1967年6月22日

四国 1967年6月21日

中国 1968年6月24日

近畿 1958年6月25日

 向こう一週間の天気予報をみると、来週の水曜日(26日)頃から雨の日が続く予想です。

向こう一週間の天気予報(ウェザーマップ作画)
向こう一週間の天気予報(ウェザーマップ作画)

 

 これまで梅雨入り発表のタイミングがなかったのかというと、そうでもありません。

 6月7日は大雨警戒レベル導入後、初の大雨が広島県や山口県でありました。また、15日も四国で強い雨が降り、徳島県の一部に土砂災害警戒情報が出されました。くもりや雨の日は徐々に増えるので、梅雨入りを見定めるのが難しく、今年はタイミングを逃してしまったのかもしれません。

なぜ、西日本だけ梅雨入りしない?

 梅雨前線の北上には上空を流れる強い西風(亜熱帯ジェット)が関係しています。強い西風は北と南で温度差が大きいところを流れます。春と夏の境目と考えてもいいでしょう。梅雨入りは梅雨前線に注目しがちですが、本来はこの強い西風の動向が鍵を握ります。

 こちらは上空の風の流れをみた図です。見にくいですが、赤道を中心とした世界地図で、日本列島は赤い矢印で示しました。梅雨前線に関係する強い西風(黄矢印)は中東から日本列島に向かって波を打つように流れています。

7日平均200hPa流線関数平年偏差(等値線)および風平年偏差ベクトル(気象庁ホームページより、著者加工)
7日平均200hPa流線関数平年偏差(等値線)および風平年偏差ベクトル(気象庁ホームページより、著者加工)

 さらに、日本付近に注目すると、強い西風は中国大陸で北に盛り上がり、その後は日本の南を流れています。強い西風=梅雨前線と考えれば、梅雨前線が西日本から離れてしまい、梅雨入り発表ができない状況であったことがわかります。

 来週の水曜日(26日)以降は梅雨前線が西日本に近づく予想です。雨が強く降るおそれがあるので、今後の気象情報にご注意ください。

【参考資料】

気象庁:昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)

気象庁:大気の循環・雪氷・海況図表類