桜の開花発表 なぜ5~6輪以上なのか?

桜の開花発表は5~6輪以上の花が開いたとき(写真:つのだよしお/アフロ)

 桜の開花は5~6輪以上。きっかけは2002年の記録的な早咲きにある。当時は数輪以上が開花の基準だったが、何輪咲いたら開花?の問い合わせが相次いだことで、2003年から今の基準となった。

過熱する桜フィーバー

 日本一有名な桜といえば、京都?吉野?それとも弘前でしょうか。開花の注目度からいえば、東京・靖国神社の桜でしょう。気象台の標本木となっている桜は樹齢80年ともいわれる老木で、1966年頃から観測用の桜として使われています。

 年々注目度が増す桜開花のニュース。目を凝らすように花一輪を追いかけるカメラが多かったこと。このときばかりは天気予報そっちのけで花一輪、また一輪と実況中継です。

以前は開花予想に注目  

 こんなにも開花発表が注目されるようになったのはいつ頃からか。以前は気象庁の桜開花予想に注目が集まっていたように思います。そういえば、2007年には予想に用いたプログラムにミスが見つかり、気象庁が陳謝する事件がありました。気象庁が2009年を最後に、桜開花予想をやめたことで、興味の対象が開花発表に移ったのかもしれません。

なぜ桜だけ5~6輪以上?

 気象台が発表する桜の開花は標本木で、5~6輪以上の花が開いた状態をいいます。「5輪以上でいいのでは?わざわざ5~6輪という必要があるのか」とよく聞かれるのですが、答えはわかりません。

 調べてみると、気象台が行っている生物季節観測の基準では「開花とは花が数輪以上開いた状態をいう」とあります。

 なぜ桜だけ「5~6輪以上」になったのでしょう?きっかけは記録的な早咲きにありました。

大阪の桜(標本木)はあと数日で開花? 3月23日:片平敦氏撮影
大阪の桜(標本木)はあと数日で開花? 3月23日:片平敦氏撮影

問い合わせが相次いで

 2002年までは「開花とは数輪以上」でしたが、2003年からは「開花とは5~6輪以上」になったのです。このとき何があったのか、当時を思い出すと、2002年は東京で観測史上最も早い3月16日に開花しました。そのため、予想が開花に追い付かず、本来ならば2回発表される予想が1回で終わってしまいました。

 さらに、何輪咲いたら開花なのか、と問い合わせも相次いだことで、これまで漠然と数輪以上だった基準が5~6輪以上と明確にされたのです。桜の木には数えきれないほどの花芽があり、こだわっても意味がないように思うのですが。

 誰でも容易に開花がわかるようになったことで、今のように花を一輪、一輪数えるような報道スタイルになったのでしょう。一方、満開の基準は今も変わらず、花芽の約80%以上が開花した状態をいいます。

【参考資料】

気象庁:「さくらの開花予想」発表回数等の変更について、平成15年2月21日

気象庁:さくらの開花予想用のプログラムの一部不具合について、平成19年3月14日

気象庁:気象庁におけるさくらの開花予想の発表終了について、平成21年12月25日