東京都心で積雪の可能性大 滞留寒気がカギ

9日(土)夕方までに予想される降雪量(著者作画)

 東京都心でこの冬初の積雪となる可能性が高い。関東平野部に滞留寒気が形成され、9日は朝から雪となる見通し。北海道上空に流れ込んだ非常に強い寒気も影響しそうだ。

東京の日降雪量 10センチ未満が8割

 タイトル図は9日(土)夕方までに予想される関東地方の降雪量です。東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県では10センチ、東京23区は5センチと予想されています。

 東京で一日に降る雪の量(日降雪量)はどのくらいなのか、調べてみたグラフがこちらです。1961年から2018年まで、1月と2月に限っています。

【東京】日降雪量別の日数しらべ(1961年-2018年、1月と2月)著者作成
【東京】日降雪量別の日数しらべ(1961年-2018年、1月と2月)著者作成

 

 1センチ以上の降雪があった日は96日あり、平均すると1年に2日程度です。降雪量別にみると、1センチから4センチまでが最も多く、次いで5センチから9センチでした。10センチ未満が全体の約8割を占めています。

滞留寒気がカギ

 雪予想のポイントは上空から地上まで、雪が溶けずに降る気温であるか、見極めることです。

 こちらは9日(土)正午の関東地方上空500メートル付近の気温予想図です。目を凝らさないと見にくいかもしれませんが、図の中央右寄りが関東地方で、寒色は氷点下を示しています。

【予想】上空500メートル付近の気温予想図(2月9日正午、ウェザーマップ作画)
【予想】上空500メートル付近の気温予想図(2月9日正午、ウェザーマップ作画)

 

 東京都心でマイナス3度以下が予想されていて、ちょうどこのあたりは東京スカイツリー上部にあたる高さです。

 参考に、東京都心で積雪が23センチに達した日(昨年1月22日)と比べてみましょう。

【過去】上空500メートル付近の気温図(2018年1月22日午後6時、ウェザーマップ作画)
【過去】上空500メートル付近の気温図(2018年1月22日午後6時、ウェザーマップ作画)

 

 9日(土)予想図と雰囲気が似ています。どちらも地上から上空500メートル付近に留まる寒気=滞留寒気がはっきりしています。

北海道の記録的寒気も影響か

 8日(金)は北海道に非常に強い寒気が流れ込みました。午前9時、札幌上空1,500メートル付近でマイナス24.4度が観測され、1957年統計開始以来、最も低くなりました。

 北海道上空の気温を詳しく見てみると、上空6,000メートル付近までは平年と比べ低いですが、それより上は逆に、平年と比べ高くなっています。

北海道上空の気温を平年と比べた図(縦軸は高さを示す)2019年2月8日午前9時(ウェザーマップ作画)
北海道上空の気温を平年と比べた図(縦軸は高さを示す)2019年2月8日午前9時(ウェザーマップ作画)

 

 ひとことで寒気といっても、平年と比べると高さによる違いがよくわかります。今回は地上に近い所で寒気が強いことが特徴です。

 9日(土)朝、伊豆諸島付近で低気圧が発生し、雨(雪)雲が関東地方に広がるでしょう。さらに、低気圧が北海道に流れ込んだ非常に冷たい空気を引き込むため、降り始めから雪になる可能性が高いです。今後も、最新の気象情報にお気をつけください。

【参考資料】

気象庁予報部:大雪に関する関東甲信地方気象情報 第3号、2019年2月8日16時19分発表