東京都議選の投票率と天気

2日(日)の関東地方は雲が多いながら晴れ間がありそう(30日午後5時現在)

2日は東京都議選の投票日。東京の予想最高気温は31度と今年一番の暑さとなる見通し。35度以上の猛暑日となった1997年は戦後最低の投票率となった。厳しい暑さは投票率に影響する可能性がある。

投票日は梅雨の晴れ間と暑さ

2日(日)は太平洋高気圧が西日本を中心に張り出し、梅雨前線は北陸付近まで北上する予想です。湿った空気の影響があるので、予想が難しいですが、今のところ、東京は晴れたり、急な雨があったりと変わりやすい空模様になりそうです。

梅雨前線は北陸付近に停滞し、高気圧が関東に張り出す(7月2日午前9時予想天気図)
梅雨前線は北陸付近に停滞し、高気圧が関東に張り出す(7月2日午前9時予想天気図)

夏の日差しと暖かな空気の影響で、朝の気温は24度と午前中から気温が高く、午後は31度まで上がる予想です。晴れる時間が長くなれば、気温がさらに高くなる可能性もあります。

投票率と天気

投票日が近づくと決まって当日の天気予報が紙面を賑わせます。雨などの悪天は投票所への足が遠のき、晴れた好天も行楽地に向かいがち。投票率がアップしやすいのは曇りの日というわけです。

実際はどうなのでしょうか?

こちらは1947年以降の都議選の投票率をグラフにしたものです。

東京都議会議員選挙の投票率と天気
東京都議会議員選挙の投票率と天気

1959年の70.13%をピークに下降傾向で、最近では50%を割り込む年も目立ちます。1965年以降、梅雨時の選挙となったため、半数は雨の投票日となっています。

天気との関係を調べてみても、雨の日ばかりが投票率が低くなるわけでもないようです。また、期日前投票が定着してきているため、天気と投票率の関係が薄れてきていることも考えられます。

猛暑で投票意欲をそがれた?

ひとつ気になったのは1997年の投票率です。悪天でもないのに突出して低く、戦後最低の40.80%を記録しました。この日はどんな天気だったのでしょうか?

この日(7月6日)は梅雨前線が日本海まで北上し、東京は夏の高気圧に覆われました。気温は午前8時前に30度を超え、昼前には35.8度まで上がりました。7月上旬としては記録的な暑さとなったのです。天気ノートには「真夏の日差し、猛暑」とあります。

東京都議会議員選挙の投票率と最高気温
東京都議会議員選挙の投票率と最高気温

もちろん、暑さばかりが低投票率の原因とはいえませんが、急激な暑さが投票意欲に影響した可能性を捨てきれない。

2日はこれほどの暑さにはならない見通しですが、梅雨前線が北上すると不快な暑さになりやすい。投票率は暑さが鍵を握っているかもしれません。

【参考資料】

東京都選挙管理員会事務局ホームページ:都議会議員選挙投票率一覧