日本海に「冬の台風」

秋田沖に出現した「ポーラーロウ」(2月11日午前9時,ひまわり8号)

日本海に出現した渦巻状の雲。その形状から冬の台風とも呼ばれ、激しい突風や大雪をもたらす危険な雲だ。

冬の台風「ポーラーロウ」

表紙の写真は11日、ひまわり8号が捉えた秋田沖の大きな渦巻状の雲です。渦の大きさは約300キロ、大陸から吹きだす寒気の中で発生する低気圧のため、「ポーラーロウ(Polar Low)」または「寒気場内低気圧」といいます。

また、その形状から冬の台風とも呼ばれ、発達すると台風のような眼ができます。回転する雲は大きさの大小にかかわらず、強い風や発達した雲を伴っているため、上陸すると激しい現象が起こるのが特徴です。

冬の日本海はしばしば、ポーラーロウが発生しますが、このようにスケールの大きい、明瞭なポーラーロウはあまり見かけません。

秋田沖の小低気圧(2月11日午前9時の天気図)
秋田沖の小低気圧(2月11日午前9時の天気図)

このポーラーロウは日本海沿岸を北上したあと、日本海北部でUターンし、11日午後4時頃、秋田県付近に上陸しました。

天気図で見ると平凡な低気圧にしか見えませんが、ひまわり8号の雲画像では雲が回転している様子がはっきりとわかります。気象衛星がなかった時代はポーラーロウの接近、上陸がわからず、不意打ちの悪天だったでしょう。

冬の日本海沿岸ではポーラーロウに伴う突風や落雷などが多く発生し、札幌市内に大雪を降らせる「石狩湾小低気圧」もポーラーロウの一種です。

上陸直前のポーラーロウ(2月11日午後3時,ひまわり8号)
上陸直前のポーラーロウ(2月11日午後3時,ひまわり8号)

これは上陸直前(11日午後3時)のポーラーロウです。日本海沿岸に近づくにつれて、渦巻状の雲が崩れ、不明瞭になっています。でも、ちょうどその頃、山形県酒田市では24.0メートルの突風が吹きました。

【参考資料】

小倉義光,2015:第11章ポーラーロウ,日本の天気 その多様性とメカニズム,東京大学出版会,213-227.

気象衛星センター,2002:気象衛星画像の解析と利用 航空気象編,第6章寒気場内の現象.

柳瀬亘,2010:ポーラーロウの理想化実験,天気, 57,372-381.