6月になぜ? 0度未満の冬日

晩春から初夏にかけての霜を晩霜(おそ霜)といい、農作物に深刻な被害がある(写真:アフロ)

6月なのに「冬日」

今朝(3日)は北海道、岩手県、長野県、岐阜県の観測地点14か所で、最低気温が0度未満の冬日となりました。

全国で最も冷え込んだのは長野の菅平(すがだいら)で、氷点下1.9度です。菅平(アメダス)は標高が1253メートルと高地にありますが、それでも6月の冬日は過去37年間でわずか2回(2000年、1995年)です。今朝の冷え込みが特別であったことがわかります。

余談ですが、沖縄県の波照間空港では最低気温が27.5度と熱帯夜でした。日本列島は南北に長いと分かってはいるけれど、冬日と熱帯夜が同時に現れるとは、天気は不思議です。

偏西風の蛇行が引き金に

上空約5千メートルの天気図(週間予報支援図,0212UTC JUN 2016)
上空約5千メートルの天気図(週間予報支援図,0212UTC JUN 2016)

季節外れの寒さや暑さはどの季節にもあるけれど、今朝の強い冷え込みは元をたどれば、偏西風の蛇行に行き当たります。

この図は北極から見た北半球天気図で、右下が日本、左上が欧州です。上空約5000メートルの大気の状態を示し、気温の低い所を青丸で、気温の高い所を赤丸で印を付けました。

すると、日本から欧州にかけて、青丸と赤丸が交互に並んでいることがわかります。このように寒気と暖気が交互に並んでいるとき、偏西風は南北に蛇行して流れています。

偏西風の蛇行がいつもよりも大きくなると、冷たい空気と暖かい空気の入れ替えが大規模に起こり、異常低温や異常高温と呼ばれる季節外れの現象が起こります。

始まりは欧州から

NHK国際放送局気象アンカーの森さやかさんが伝えるように、先週末(5月28日)はフランス、ドイツ、ポーランドで激しい雷雨がありました。欧州で天候が荒れたとのニュースを耳にすると、しばらくすると日本でも天気に変化が現れるのでは?と思うことがあります。

ちょっと専門的になりますが、地球が回転することで発生する波をロスビー波といい、エネルギーの伝播を通して遠く離れた場所まで影響を与えます。

欧州から日本へ、広大なユーラシア大陸を伝わるロスビー波は偏西風(アジアジェット)の蛇行を引き起こし、日本の天気を大きく揺さぶるのです。

【参考資料】

前田修平,佐藤均,2007:定常ロスビー波とその影響,平成19年度季節予報研修テキスト,61-71.

森さやか:ヨーロッパで落雷被害多発 雷から身を守るには(Yahoo!ニュース個人,2016年5月29日)