オンラインライブ時代の救世主『ノヴェラ40周年トークライブ』ツイキャスプレミアライブ配信

出典:ツイキャスプレミアムライブ

KNNポール神田です。

2020年、コロナ禍で、全世界のライブ・コンサートは壊滅状態へと陥った…。しかし『オンライン』という場では、まったく新しい『オンライン・ライブ』が、新たなビジネスモデルを見つけた。

『嵐』のような一日限りの国立競技場コンサートから、『ライブハウス』からの生配信、そしてこのプログレッシブロックの『ノヴェラ』のような『企画型』のライブ配信まで『オンライン・ライブ』はまさに日々、多様化してきた。

『NOVELA』の場合も、コロナ禍の影響で周年記念イベントも中止や延期、再延期という苦しい状態がつづいていた2020年であった。単純に払い戻しといってもそれには当然、返金コストが発生するからだ。

■物理的なチケットは発送にコスト、返金時の回収確認にも常にコストが発生

ライブ・コンサートのチケットがEチケットでない場合、さらに返金は面倒だ。

□払い戻し対象は、チケット代金/システム利用料/発券手数料/特別販売利用料となります。

□決済手数料は払い戻し対象とはなりませんのでご了承ください。

出典:公演中止・延期・発売方法変更による払い戻し

また、近年のチケット発行にはさまざまな各種手数料による課金がされてきただけに、返金となるとその処理だけでも煩雑となる。

アーティスト側やプロダクション側に瑕疵がある場合は別だがコロナが原因となると、主催者側の責任ともいいにくい。

出典:ローチケ チケット購入時の各種手数料
出典:ローチケ チケット購入時の各種手数料

ローチケの場合

https://l-tike.com/guide/popup_charge.html

イープラスなどは、払い戻し費用全額負担を発表し、今期は数億円規模の影響を見込んでいる。

□通常、イベントが中止された場合、チケット購入者から返送されるチケットの郵便代金に加え、開封作業や返金処理などが発生するため、イープラスは興行主催者に対して中止払い戻し手数料を請求している。

□しかし、新型コロナの感染拡大によってイベントの中止が相次ぎ、興行主催者が対応に追われていることなどから、イープラスが払い戻し手数料を全額負担するという。

□払い戻しによる今期(2019年4月~20年3月)業績への影響は、数億円を見込んでいるという。

出典:イープラス、新型コロナによるチケット払い戻し費用を全額負担

■ミュージシャンの『トークライブ』で2,600円という意欲的な価格設定

出典:NOVELAトークショーのツイキャスプレミアム配信
出典:NOVELAトークショーのツイキャスプレミアム配信

https://twitcasting.tv/c:1040live/shopcart/31816

そんな中、『ツイキャスプレミア配信』を利用した『トークイベント』の案内を見つけた…。チケット代金2500円+ツイキャス配信料100円 で合計2,600円だった。

□1980年のデビューから結成40周年となったプログレバンド、NOVELA(ノヴェラ)がいよいよ動き出す。

□3月にアースシェイカーとのフェス、秋に東阪ツアーが予定されていたが、コロナのためすべて延期に。沈黙せざるを得なかったが、11月7日(土)の配信イベント「YOSHIROW&TOSHINOVELAトーク&ミュージック」(協力・夕刊フジ・ロック)で活動を再開

□イベントを思いついたのはトシで、「最初はYouTubeを立ち上げて、自粛期間中に多くのミュージシャンとセッションしてきました。ごく最近にヨシロウさんに連絡してお願いしたとき、これはライブでWEB配信をしたいね、と話が広がっていったんです」

出典:【YFM 夕刊フジMusic】NOVELA始動 「YOSHIROW&TOSHI NOVELAトーク&ミュージック」11月7日18時から配信

お!、この価格設定は、ミュージシャンのトークイベントとしては意欲的な価格かもしれない。しかし、実際のライブハウスイベントなどだと、5,000円としてワンドリンク付きで、結局は3ドリンク飲んでいて、物販で何か買って、最後には懇親会などへいくので軽く1万円超えだ。

そう考えると、交通費もかからず、クローズドな有料ライブでなにかお楽しみもありそうな企画なので、時間さえ都合がつけられれば、見たいと思った。しかも11月21日(土)23:59までの2週間以内はリピート配信で視聴できる。

桑田佳祐ライブ、嵐ライブ、NOVELAライブといい、オンラインライブのチケット料金は通常ライブの50%あたりが、値ごろ感というところなのかもしれない。そう、ファンにとっては、その日程、いや時間さえキープしておけば、世界のどこからでも視聴が可能だ。

■『NOVELAトーク&ミュージック』という企画フォーマット

出典:ツイキャスプレミア配信
出典:ツイキャスプレミア配信

筆者が高校生だった頃、関西のアマチュアバンド時代からの大先輩だった彼らが、デビュー後40年の歳月を経て、オンラインでトークが自宅で『生』で聞けるというのは全く新しい経験だった。日本のライブハウスに駆けつけることができる時ばかりでもなく、海外からライブを想像していたことが多かったかが、オンラインであれば、沖縄からでも海外からでも参加が可能となった。

特筆すべきは『企画フォーマット』のユニークさだった。

昨今、ライブ配信の数は多くなるが、『トークライブ』による音楽の表現はユニークだった。

オリジナルメンバーが全員集合できなくても、残ったメンバーでのリモートによる再現演奏は、熱烈なファンにとっては、40年前にタイムスリップしたことだろう。ライブチャットのタイムラインには『涙…涙…涙』という言葉が踊る…。

バンド結成前の話などは、本人らの口から聞くことの機会が少ないものだ。さらに演奏では、手元を写したカメラでは、当時はギターやベースを一生懸命コピーしていた、かつての少年たちにとっては垂涎の時間となった。あそこのポジションは、そこだったのか!てな具合だ。さらにドラマー不在のサウンドも初めて聞くものとなる…。ドラム抜きのロックサウンドはあまり聞く機会がない。

また、配信中にツイキャス内にある『アイテム・ギフト』を贈ることもできた。つまり、投げ銭だ。これらをつうじて、さらに企画に応じた『物販』を活かせば、さらにアーティストたちの収益は拡大化することができる。

この『トークライブ』の中で、次回の『オンライン・ライブ』も発表となった。

NOVELA デビュー40周年記念『NOVELA 2020 無観客配信ライブ

出典:ツイキャスプレミア配信
出典:ツイキャスプレミア配信

2020年12月6日(日) 17時~19時 3,500円+ツイキャス利用料100円

https://twitcasting.tv/c:umeda_zeela/shopcart/34619

オンライン・ライブの終了後には、限られたファンや有料プランでの一緒の打ち上げ会なども、今後はZOOMなどで展開することが可能だろう。そう、長年のファン同志もオンラインで顔を合わせることができれば、年に数回の機会に盛り上げることができる。

当然、ZOOMなどからも投げ銭が可能となるような『pring』や、『PayPayマネー(銀行課金分のみ)』で投げ銭をすることも可能となる。これらのテクノロジーのキモは、ユーザーが使えるかどうかだが、習うよりも慣れるしかない。一度、使えれば敷居は低くなる。

『オンライン打ち上げ』で、投げ銭でビールをお代わりできるみたいなメタファーがあればさらに盛り上がることだろう。

これは、『ライブハウス』が徐々に復活している現在においては、とても有効なマネタイズ手段となることだろう。

■今後、『オンラインライブ』は『オフラインライブ』以上の売上機会となる

東京、杉並区西永福のライブハウス『西永福JAM』では2020年4月より、無観客でのYouTubeライブ配信を始めている。休業時の苦肉の策だ。

「スーパーチャット(スパチャ)による投げ銭」のしかけを呼びかけている。そう、ライブハウスでの生配信が可能となれば、YouTubeからのスーパーチャットでさえもライブハウス経由でアーティストに分配が可能となるからだ。

そして、現在では、無観客や有観客などのライブ活動のスケジュールが目一杯となっている。

配信はツイキャスプレミア配信を利用するアーティストが多い。

http://jam.rinky.info/schedule/

そう、ツイキャスプレミア配信は、アーティストの取り分が95%という配信プラットフォームだからだ。

『ライブ』は絶対にオンラインよりも生のオフラインが良いにきまっている。しかし、距離の関係で都心でないと参加できない地方なので参加できないという人は想像以上に多い。しかも、海外へむけても配信が可能だ。むしろ海外のアーティストが今後は、積極的に来日をせずに、世界ライブ配信という企画でせめてくることだろう。むしろ何千万人という単位のオンライン興行が可能となるのだ。

『ライブイベント』の苦肉の策で生まれた『オンライン・ライブ』がむしろメインとなるのが、2020年のアフターコロナの『ニューノーマル』なのだ。

■95%の還元率のツイキャスプレミア配信の方法

ツイキャスの手数料はチケット販売価格の5%と一人当たり100円の配信料だ。

つまりツイキャス 3,000円の配信であれば、150円と100円の配信料で250円がツイキャス側の収益となる。

アーティスト側としては、1枚3,000円のチケットであれば、2,850円という利益が生まれる。100円の配信料はユーザー負担。

つまり、アーティスト側にとっては、チケット価格の95%が利益になるというプラットフォームなのだ。

そして、ライブハウスなどでは、ライブハウスのキャパで人数が制限されるが、ツイキャスプレミア配信の場合、上限がないのだ。つまり売上は青天井ということとなる。

そうなると、いかに、告知宣伝で周知でき、顧客満足度を上げていくかということが重要だ。

■『ツイキャス プレミア配信』の方法

そして、なによりも、ツイキャスプレミア配信の収益を生む方法は敷居がとても低い。

本人確認、銀行登録、そして、審査と利用規約を遵守した上での審査だ。

あとは、ツイキャスの配信方法とほとんどかわらない配信方法だ。

今後は、ツイキャスのプレミア配信に適した、マルチカメラのシステムや照明や音声といいったニーズがライブハウスにも求められることだろう。そう、ライブハウスのキャパシティではなく、インターネットスタジオとしての、投資がいかに効果的かということがわかるようになる。

https://twitcasting.tv/usershopapply.php

■ツイキャスの支払い総額は1億円以上

特筆したいのは、ツイキャスは2019年4月の段階で、登録ユーザーは2,500万人。配信者への支払い総額も1億円以上。資金調達も13億4000万円となっている。コロナ禍で圧倒的に『プレミア配信』が増えている。

『ツイキャスプレミア配信』

https://ssl.twitcasting.tv/shop.php

手数料無料キャンペーンを経て、『海外配信支援』、そしてこの2020年11月11日からは新機能の『メンバーシップ』が開始する。

メンバーシップのサブスクがアーティストを支え、アーティストがライブイベントとオンラインイベントで工夫しながら表現する。

『ライブイベント』から『トークイベント』。いやアーティストに限らず、インターネットの『オンライン・イベント』という手法で、誰もが、メディアやコンサートホールを経由せずに、『CtoC』で直接課金できるという『夢』のような時代を迎えているのだ。

箱の規模やサイズはもはや無縁の世界だ…。現在、休業中のライブハウスは、一気にオンラインイベントのスペースとして、復活すべきなのだ。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ