KNNポール神田です!

全盛期は一度だけとは限らない と渋谷アドボード
全盛期は一度だけとは限らない と渋谷アドボード

矢口真里さんが、1年5ヶ月ぶりにテレビへ復帰した。

情報ライブミヤネ屋でついに姿をあらわせた。

延々と楽屋から引っ張る映像が続く…。

また、経緯のVTRが続く…

ようやく、本人のコメントが聞けた。

「わたしがすべて悪いと思っています」「きっかけはわたしです」

緊張していると、ご本人は言いながらも、淡々とコメントを続けている。

矢口真里、はちあわせスキャンダル以来、マスメディアから完全に姿を消していた。

不倫現場事件以来の対応は、芸能人としてあるまじき行為だと芸能界素人ながらに思う。

芸能活動が休止でなく、自ら放棄としたと言っても過言ではないだろう。

一切、釈明会見もコメントもないまま、ブログコメントだけの完全放置であった。

そのブログも、ちょうど一年前だ。

2013-10-13 19:05:41

この度は、沢山のお世話になっている関係者、出演者の皆様にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした。

皆様から凄く優しくて、温かい言葉をかけ続けていただきました。

こんな私を支えて下さり本当にありがとうございます。

心より感謝致します。

自分なりに色々と考え、事務所とも何度も話し合った結果、しばらくの間お休みを頂くことに致しました。

このお休みは、また皆さんの前に元気な姿をお見せする為にいただいた貴重な時間だと考えていますので、日々大事に過ごしていきたいと思います。

またお仕事を再開できる日まで、どうか温かく見守って頂けると嬉しいです。

出典:矢口真里オフィシャルブログ 皆さんへ

http://ameblo.jp/mari-yaguchi/

そういえば、アメーバブログの顔でもあった存在だ…。

しかし、約一年半の禊ぎが終わったという判断なのだろうか?

ここで、ボクの中で、ひとつ安堵しているキモチがある…。

STAP細胞の一般人の小保方晴子さんの動向を、テレビが追いかけるよりも、矢口真理を追っかけてもらったほうがいいと思う。STAP細胞では、すでに関係者が自殺などという事態も発生し、これはメディアが注目したことによっての不幸な国民の共犯現象でもある。

矢口真里がどの顔さげてテレビにもどってくるのか?。どんな言い訳をするのか? 

小保方晴子さんのコメントを固唾をのんで見守る悪趣味と違い、矢口真里さんの場合はこれが生業なのだから、バッシングもふくめてギャラに反映されるだろう。

だから、好むと好まざるに関わらず、彼女を見てコメントをするのは、彼女にとっての経済活動を支援することとなる。

それも含めてのミヤネ屋の視聴率計算も気になる。

MCの宮根誠司さんも、愛人との間に非嫡出子を認知している。

願わくば、スネに傷が一つや二つあっても、なんてこともなく動じず、面の皮が厚い人間が、のうのうと生きていけるくらいの多様性のある国になる必要がこの日本にはあるだろう。

細かなことに悩む人が多すぎる。また、人が良すぎる人が多すぎる。

テレビマンやアイドルが、聖人君子役である時代は、とうに終わった…。 

敗者や弱者を見捨てるだけでなく、いろんな失敗のある人の復帰のシンボルとなるような華麗な復帰をのぞみたい。

それでこそ、タレント矢口真里だ。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。