「恋するフォーチュンクッキー」に見られる企業コラボレーション効果

YouTubeのAKB48の公式サイトには、企業とのコラボレーションによる「恋するフォーチュンクッキー」の動画がたくさん公開されている。

百聞は一見にしかずである。

中でも、よくその特性がわかるのがタクシーの日本交通だ。

従来のタクシー会社は走っているクルマとドライバーがすべてだ。

しかしこのPVを見るとスマートフォンのアプリ開発部署まであることがわかる。

かつての事業案内を見るよりも、会社の雰囲気が圧倒的にわかりやすい。

リクルート手法としても、こんなAKB48を踊っている会社なら…というイマジネーションもおきることだろう。

そう、見えない企業の事業部が、この楽曲効果に乗ってすべて可視化されるのだ。これは企業にとっても好ましい状況だ。

IT企業の

GMOや

サイバーエージェントも

実際に働いているメンバーのリアルな顔が見える。

そして、現場の人が踊っていることが大事だ。楽曲の楽しさと企業の職場の雰囲気がリンクして見える。

また、この楽曲ならばのコラボが、通販の

ジャパネットたかた

テレビで見える部分しかわからないが、ラジオのブースがあったり、アフターサービスなども見える。このビデオならばテレビでも流してもよいだろう。ジャパネットのあのテーマソング以外で見る印象はいつもと全く違う。

また、ターゲットとしても、最適なコラボなのが、

サマンサタバサや

テイクアンドギブニーズだろう。

20~30代女性の働くシーンが一致している。

そして、異質ながらもユニークなのが、各自治体だ。

佐賀県

神奈川県

県知事まで踊りだす現象だ。これもその部署ごとで「フォーチュンクッキー踊ってましたね~」と話題になっていることだろう。

これらが、すべてAKB48の公式チャンネルだ。

コラボレーションといっても、金銭的なライセンスを受けてというニオイは感じられない。

むしろ、見れば見るほど、恋するフォーチュンクッキーが耳に焼き付いていることだろう。

そして、ダンスする人となれば、何百回とこの曲を聞いて練習し、職場のみんなでひとつの日常業務でないことを連携するというプロジェクトを展開する。

さらにYouTubeのAKB48公式に採用されることにより、会社の各プロモーションビデオは、100万単位で視聴されている。たとえ、AKB48で、別バージョンを作ってもここまでのビュー数は稼げない。

おなじ楽曲なのに、他の企業が踊るとどうなるのか?という興味がビュー数を支えているからだ。

まさに、そういった意味で、真のコラボレーションといえる。

では、どうすれば、AKB48とのコラボレーションが可能なのか?

兵庫県の

猪名川町の場合

はスマートフォンだけで撮影し、それが秋元プロデューサーの目にとまり公式化されたという。 

つまり、コラボの公式化は、「いい作品を作る」ことだろう。

秋元氏のAKBプロジェクトは、いろんな意味で常に斬新である。ネット上でも、いろんなチャレンジを行っているからこその現在の成果がでている。

タレントがテレビアイドルだけで終わらず、総選挙で、ひとり複数枚のCDの購入や、Gooogle+などのコミュニケーション。そして、このような楽曲の、今までは、著作権侵害や違法アップロードと言われかねなかったことに対してのアプローチにより、見事なコラボレーション効果を醸成している。

そのうち、企業名が歌詞に入る権利プレゼントなんてコラボレーションも登場するのかもしれない。

アイドルをブランド化して、企業からお金をいただくだけではなく、企業とコラボレーションすることにより、アイドルの浸透と楽曲の浸透を、幅広い層へと認知させることに成功している事例だと思う。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    <朝ドラ「エール」と史実>「夜は飲みつづけ、日中は寝つづけ」佐藤久志のモデルも酒浸り…どう復活した?辻田真佐憲10/27(火) 8:30
  2. 2
    実質タダ?【GoToホテル】非常識な裏技への違和感瀧澤信秋10/28(水) 8:34
  3. 3
    麻生太郎財務大臣 今度は「お金に困っている方の数は少ない」 いやいや困っている方ばかりです藤田孝典10/27(火) 6:00
  4. 4
    岡村隆史さんの結婚と風俗発言と予期されていた深刻な女性の貧困問題藤田孝典10/23(金) 5:00
  5. 5
    「コロナ感染者」は韓国が全体で2万5千人なのに東京だけで3万人を突破! ソウルの5倍で大丈夫か?辺真一10/25(日) 19:00
  6. 6
    愛国に燃える「戦狼」留学生の恐怖 中国共産党からの「学問の自由」を全く議論しない日本メディアの不思議木村正人10/28(水) 20:27
  7. 7
    富士山の宝永噴火49日前に発生した宝永地震と安倍川餅饒村曜10/28(水) 4:00
  8. 8
    少人数学級はなにに効果的なのか? 財務省と文科省の攻防、両者が見落としているもの妹尾昌俊10/28(水) 17:32
  9. 9
    不登校は子どもの責任ではない、子どもたちの「生き生き」を奪っているのは誰なのか前屋毅10/28(水) 7:00
  10. 10
    消えた背番号10 イスラム教徒に「表現の自由」は認められない プロスポーツは中国の圧力に屈したのか木村正人10/27(火) 16:24