ゾンビが人間のオンナの子に恋をした!「ウォーム・ボディーズ」

映画「ウォームボディーズ」
映画「ウォームボディーズ」

【試写会レビュー】

もしも、自分の体の自由がまったく効かなくなったら…

言葉がうまく喋られなくなったら…

恋する気持ちを届けることができなくなったら…

「ウォームボディーズ」は、そんな切ないオトコの子の映画だ。

ただ、オトコの子は、非常に大きな大きな問題を抱えている。

そのオトコの子は、なんとゾンビだったから…。

世紀末映画のゾンビのラスト9割は、かすかな望みをかけて明日へと生き伸びようとするシュールな終わり方なのだが、この映画はかなり趣向が違う!

ハッピーエンドなゾンビ映画なのだ。しかも音楽が満載。また、その音楽が胸がキュン!とするシーンばかりだ。

いびつな姿になってしまった自分に嫌悪しながらも、ソンビは、ゾンビとして生きていかなければならない。

そんな主人公「R」。

ゾンビのコミュニティの中での生き方と、前世の自分の趣味や生活との対峙。

そんな時の狩りのまっただ中に、まさかの出会いがあった。

壮絶な出会いの中で彼がとった行動は…なんと、お持ち帰りだった!

そんな、ゾンビ・コミュニティの中に人間のオンナの子をお持ち帰りしなくても…(笑)

そして、何よりも人間のオンナの子に、胸キュンとなったゾンビは、次にどんな行動を取るのか?

恋愛の前に食欲は消え失せ、彼女を守ることに彼は夢中となる。

ところが、人間のオンナの子、ジェシーは、そんな「R」の気持ちは、なかなか理解できない。逃げ出したくて仕方がない。しかし、すぐに他のゾンビに囲まれてしまい…あわや!!!。そんな時に、毎回、Rに助けられる。

いくら彼女の事を想い、助けたり、プレゼントをしても、気持ちは受け入れられない。なぜなら、自分はキモいゾンビなんだから…。しかも、彼女の最愛の…xxx。

ゾンビ映画の視点は常に、人間側にあったけれども、この映画はゾンビ側の視点で人間を見つめる。

ゾンビになったら、大変だなぁ…というシチュエーションをコミカルに表現してくれる。

ロミオトジュリエットを彷彿させるシーンもあるが、住む世界の違いといえば、これほど強烈なロミオとジュリエットはないだろう。

あまり、書くとネタバレになるので、書けないが、ゾンビ映画に新たな法則性をもたらした映画でもあるので、ゾンビ好きには必見の映画だ。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ゾンビランド」が好きな人にはなおさらだ!

彼女との過去の想い出は誰の脳にあるのか?

ゾンビは死ぬまでゾンビのままなのか?

この映画は、新たなゾンビの法則を造った。 走るゾンビから、恋するゾンビ、まだまだゾンビは進化を続ける!

公開は今週末からだ!

2013/09/21全国ロードショー

ウォーム・ボディーズ公式サイト

http://dead-but-cute.asmik-ace.co.jp/

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    小池百合子氏「卒業証明書」提示、偽造私文書行使罪の可能性郷原信郎6/6(土) 11:11
  2. 2
    「膝で押さえつけ」「女子部屋に乱入、下着姿を撮影」入管職員の女性への暴行、セクハラ―森法相の責任重大志葉玲6/5(金) 11:52
  3. 3
    竹中平蔵氏「雇用調整助成金を出し雇用を繋ぎ止める…そうではない」 もう静観していてくれないか藤田孝典6/4(木) 13:04
  4. 4
    従順さばかり求める教育にNOを! 夏休み短縮、運動会・文化祭等の中止決定の前に子どもたちに任せよう妹尾昌俊6/6(土) 17:44
  5. 5
    宝塚家族四人殺傷事件の犯罪心理学碓井真史6/5(金) 11:00
  6. 6
    誰でも生活保護は申請できる どんどん生活保護を申請しよう 生活保護申請が増えることを大歓迎する理由藤田孝典6/3(水) 21:05
  7. 7
    都知事選、小池百合子氏は「学歴詐称疑惑」を“強行突破”できるか郷原信郎6/2(火) 11:24
  8. 8
    6月末でのコロナ「非正規切り急増」の危機 「賃下げ」の横行も今野晴貴6/6(土) 19:30
  9. 9
    男女16人参加して11組カップリング。オンライン婚活を開催してみたら「メリットしか感じなかった」件大宮冬洋6/5(金) 18:16
  10. 10
    SNS上の放任できない悪質言論と、放任できない議員立法――総務省の見解を聞いて志田陽子6/6(土) 7:00