今夜、WWDC2013 スマホ成熟時代にアップルが打つ次の一手に期待したい

画像

2013年06月10日(米国時間)、米国サンフランシスコのモスコーンセンターでアップルの開発者会議が開催される。

そして、日本時間の今晩、26:00頃の基調講演で、iOS7や何らかの新製品が発表されると予測されている。

アップルにとって、このWWDC(Worldwide Developers Conference:世界開発者会議)は、次世代OSの仕様を開発者に発表し、より魅力的なアプリケーションやアプリを作成してもらうための会議だ。なので、どちらかというと、ハードウェアの仕様というよりも、ソフト的なOSの仕様についてフォーカスが今までなされてきた。

しかし、近年のiPhoneやiPadに見られるタブレットの製品群においては、ソフトウェアだけでなく、タッチパネルや加速度センサー、レティナディスプレイ、GPS、電話帳、そしてソーシャルメディアなどの連携という、OSまわりのソフトウエア環境までがハードと非常に密接になってきているからハードウェアの特徴も説明する必要が出てきたのである。

本日、発表されるかどうかは未定だが、iWatchやiTVの噂も耐えない。

かつて、初代iPhone3Gがカット&ペーストすら出来なかった時代から、iOSアプリのマーケット App Storeの登場により、市場は大きく様変わりしてきた。

iPodというハードウェアの登場は、iTunesと連動することにより、音楽を管理するだけでなく、ネットワークにおけるダウンロード販売の課金プラットフォームと成長した。そして、今や、そのiTunes Storeの課金プラットフォームと連動して、音楽から映画、テレビ番組も購入し、Apple TVを経由すると大型テレビでさえもアップルのディスプレイとなる時代へと進化している。課金プラットフォームによってアップルは、アプリから30%もの手数料がとれるという金脈を掘り当てている。

今年は、アップルの音楽ストリーミングサービスのiRadioの登場も期待されてはいるが、日本では、同様のストリーミングサービスのPANDRA.comやspotify.comなどが許可されていない。それは、日本の商業用レコードの二次利用に関する権利諸問題の難しさに起因する。それでなくても、シュリンクし続けている音楽産業が、iPod全盛の時にすぐに参入しなかった苦い経験を、ここでまた繰り返そうとしているのは残念でならない。

アップルのiOSが7になることによって、洗練され、半年後のハードウェアに実装されるロードマップがあると思うが、サムスンやGoogleの進化も鋭い。

アップルはサムスン製の部品を極力減らし、Googleのアプリ依存を減らそうとしてきた。しかし、地図においてはアップルは大きなミスを犯してしまった過去を持つ。

また、税金問題で米国議会の公聴会に呼び出しをくらってしまう。さらに株価は昨年の700ドルの絶頂期からは4割減でもある。ちなみに本日のレートは441.81ドルである。

画像

今や、製品やOS、そしてブランド力だけではなく、総合的な魅力がアップルに課されられている時期であるといえよう。

かつてこの試練の時期は、二度あった。そして今回は三度目の正直なのだ。

最初は、アップルがゼロから作ったパーソナルコンピュータ市場に、1991年にIBMが参入してきた時である。IBMが参入することによって、パソコン市場はまたたく間に大きくなった。しかし、同時にIBMは互換機PCというライバルに苦しめられ、マイクロソフトのMS-DOSのみが席巻していくこととなった。

そして、二度目は、GUI(グラフィックユーザーインタフェース)パソコンとしての市場を育て、DTP(デスクトップパブリッシング)でクリエイターと共に印刷業での市場を制覇していた時に、1995年、マイクロソフトのWindows95とその対応パソコンが参入してくる。

そして、その後のインターネットブームにあわせて、アップルもマイクロソフトも後付けソフトでインターネットに対応していたが、マイクロソフトは本格的にブラウザ戦争に参入し、ネットスケープからシェアを力づくで奪い取った。アップルはCyberdogを開発するがブラウザとしてはまったく普及しなかった。シェアを持たないアップルのMacintoshでは視聴できないウェブサイトが多く作られてしまう結果も招いてしまった。

アップルの強みは、(かつて)自社でCPUも作り、OSも自社で作り、ハードも自社で作り、近年ではiTunes Storeのような課金プラットフォームをも自社で持つことだ。

そして、弱みは、ユーザーの選択肢が、その他大勢か、アップルかしかないことだ。

第三の局面に入った今、OSはGoogleのandroid OSがシェアを握り、単独スマートフォンのシェアもサムスンに奪われてしまった。

今回の敵は、マイクロソフトではなく、Googleやサムスンなのである。

成熟化してきたスマートフォン市場で、android陣営とどう差別化するのか?が今回の課題である。

圧倒的多数な各スマートフォンメーカーが3ヶ月ごとに新製品を投入し、アップルは1年に一度のマイナーヴァージョンアップと2年に一度のメジャーアップデートで、対応しきれるとは思えない。

アップルが作ったこのスマートフォンという市場を守りぬくもよし、また次のまったく新たな市場を作るのもよし。

最近、まったく聞いていない「One more thing」というジョブズのような、財布を思わず開いてしまいたくなるような新製品を標榜するワードを今夜はぜひ聞いてみたいものだ。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    朝日新聞の「WHOは『布マスクどんな状況でも勧めない』」記事は誤解生むのでは? 案内は医療従事者向け 篠原修司4/3(金) 7:31
  2. 2
    京都産業大学や県立広島大の新型コロナ感染大学生を個人特定・SNSで批判することに意味はあるか 高橋暁子3/30(月) 15:36
  3. 3
    新型コロナウイルス検査 「PCR検査」と「抗体検査キット」の違いは? 柳田絵美衣4/3(金) 17:30
  4. 4
    「新型コロナ感染症」:一刻も早い強力な「接触規制」を〜データサイエンスの専門家が警鐘 石田雅彦3/31(火) 17:41
  5. 5
    新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました 市川衛2/23(日) 11:41
  6. 6
    若者は『花見』を自粛し60代が自粛していなかった…行動ログデータから見る『自粛』実態 神田敏晶4/2(木) 15:01
  7. 7
    「いかりや長介が志村けんに送った最後の手紙」はデマ。内容は『白い巨塔』の遺書のパロディ 篠原修司3/30(月) 21:26
  8. 8
    北半球で珍しい「オゾンホール」発生、しかも巨大 森さやか4/2(木) 5:30
  9. 9
    新型コロナ感染「3つの密」をブチ破る窓開け(#Madoake)実践法 榎木英介3/30(月) 6:30
  10. 10
    「小規模飲食店」は要注意〜4月1日から表示義務違反は「罰金50万円」も 石田雅彦2/25(火) 11:51