6月30日から7月1日にかけては多いところで400ミリを超える大雨になったところがありました。前回の雨で地盤が緩み、3日は午後9時まで10ミリほどしか降っていませんが、土砂災害の危険度が高いところが出てきました。

土曜日午後9時の土砂災害の危険度(提供:ウェザーマップ)
土曜日午後9時の土砂災害の危険度(提供:ウェザーマップ)

最新の土砂災害危険度分布はこちらをご覧ください。

出典:気象庁HP

土曜日から日曜日にかけて再び400ミリ近い雨の降るところが出てきて、土砂災害の危険度はまた広い範囲で高くなりそうです。

雨の降り方

3時間ごとの雨の移り変わりです。

土曜日の時系列予報(提供:ウェザーマップ)
土曜日の時系列予報(提供:ウェザーマップ)

土曜日の午前が雨のピークです。1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るところがありそうです。平地でも雨が強まるでしょう。風も強く、傘が役立たないくらいの横殴りの雨になりそうです。

土曜日の午後も南西の風がぶつかる山沿いを中心に活発な雨雲がかかりそうです。1時間に30ミリの激しい雨の降るところもありそうです。

日曜日の時系列予報(提供:ウェザーマップ)
日曜日の時系列予報(提供:ウェザーマップ)

日曜日は降ったりやんだり、雨が強まる時間も出てきそうです。

また長い時間にわたって降ったりやんだり、合計の雨の量が多くなりそうです。

48時間予想雨量(提供:ウェザーマップ)
48時間予想雨量(提供:ウェザーマップ)

土日の2日間の雨量です。各地とも6月30日から7月1日にかけての雨と同じくらい予想されています。山では300ミリを超え、400ミリ近く降るところが出てきそうです。土砂災害に一層警戒をしてください。山やがけの状況に気を付け、斜面から離れたところで過ごすようにしてください。

雨の原因は梅雨前線

大雨の原因は梅雨前線です。今、太平洋高気圧の張り出しが南海上で強まっていて、梅雨前線が北上しています。土曜日には西日本から東日本にのびる予想です。梅雨前線の南側には非常に湿った空気があるため、前線の活動が活発です。特に低気圧が静岡県の近くを通る土曜日の午前中を中心に発達した雨雲がかかりそうです。

土曜日午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)
土曜日午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)

雨は長く続く

10日間予報(提供:ウェザーマップ)
10日間予報(提供:ウェザーマップ)

来週後半にかけても雨の降りやすい状況が続きそうです。梅雨前線が東日本の近くに停滞するでしょう。土の中の水分がどんどん増えていきます。それほど強く降っていない時でも崩れてしまうというところが出てくる可能性があります。少なくとも来週いっぱいは周囲の状況に気を付けてお過ごしください。