いったい、誰がこんな展開を想像できただろうか。これだから相撲は面白い。

遠藤が見せた執念の土俵際

大相撲夏場所14日目。1敗の照ノ富士を、2差で貴景勝と遠藤の二人が追う。この日、遠藤は照ノ富士との直接対決が組まれた。

照ノ富士が勝てば、その場で優勝が決定。一方、遠藤が勝てば、自身の優勝にも望みをつなぐこととなる。緊迫した勝負。その行方は――。

立ち合い。当たると同時にもろ差しになる遠藤。そのままいい形で一度土俵際まで寄るが、照ノ富士が残す。しかし、遠藤が右を深く差したまま、足をかけながらさらに寄っていき、土俵際で小手に巻いて掛け投げをしかける照ノ富士と共に、投げの打ち合いでもつれるようにして倒れ込んだ。軍配は照ノ富士に上がったが、物言いがつく。

リプレイを見てみると、体が裏返る遠藤に対し、照ノ富士の右腕がつくほうが若干早い。協議の結果、軍配差し違えで遠藤の勝ちとなった。今場所無敵と思われた照ノ富士に対し、相撲内容も終始遠藤の流れだった上、最後の最後の土俵際まで、遠藤の強い執念がにじみ出ていた。気持ちでつかみ取った白星。今場所一といっていいほど、見る者の心を揺さぶる素晴らしい一番であった。

貴景勝も、強い気持ちで望みをつなぐ

続く結びの一番は、同じく照ノ富士を追う貴景勝が、大関同士の正代と対戦。照ノ富士と当たることなく、それでもようやくカド番を脱出した正代とは、取組に懸ける気持ちの強さが違ったのだろう。

立ち合いから鋭く正代の胸に当たった貴景勝。2発ほど突いて、そのまま素早く左から正代の体をいなして突き落とし。一瞬の勝負だった。勝った直後に見せた気迫あふれる表情が、この一番に込めた思いの強さを物語る。こうして、優勝戦線には3人が残り、千秋楽までもつれ込むこととなった。

照ノ富士に知っておいてもらいたいこと

千秋楽は、照ノ富士が貴景勝とぶつかる。またも、照ノ富士が勝てば優勝だが、勝敗によっては遠藤を含めた巴戦の可能性もあり、期待が膨らむ。

ただし、強調しておきたいのは、筆者は本割で照ノ富士に負けてほしいとは思っていないということ。2人の大関を撃破し、ここまでのドラマを演じてくれた遠藤にはスタンディングオベーションを送っているし、同じ大関として責務を全うしている貴景勝は、さすがとしか言いようがない。もちろん、このなかの誰が優勝しても心からうれしい気持ちではあるが、今場所最も強かったのは、やはり照ノ富士ではなかっただろうか。どうしても“面白い展開”を期待してしまう、人としての好奇心はあれど、最終的には照ノ富士が優勝するのが、一番しっくりくると思っている。照ノ富士には、自分が負けたときに巻き起こる歓喜の拍手を、どうか悲しい気持ちで受け止めないでいてほしい。それだけは本人に伝えたい。

しかし、冒頭に書いた通り、「何があるかわからない」のが相撲の面白さ。果たして、3人の誰が今場所の賜杯をその胸に抱くのか。今夜、クライマックスをしかと見届けよ。

<参考>優勝争いの行方

▽12勝2敗 照ノ富士

▽11勝3敗 貴景勝 遠藤

・照ノ富士が貴景勝に〇 → 照ノ富士の優勝決定

・照ノ富士が貴景勝に● 遠藤が正代に● → 照ノ富士、貴景勝の優勝決定戦

・照ノ富士が貴景勝に● 遠藤が正代に〇 → 照ノ富士、貴景勝、遠藤の三つ巴優勝決定戦