13日、俳優レオナルド・ディカプリオさんTwitterで食品ロスに言及

Leonardo DiCaprio 92nd Academy Awards(写真:REX/アフロ)

2021年3月13日(土)日本時間の1:00am、俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さんが、Twitterで、食品ロスに関する報道をRT(リツイート)している。私見を述べているわけではないが、TwitterでRTしたということは、人々に知って欲しいと思ってのことだろう。世界的に名の知られた俳優が食品ロスの問題に触れるのは珍しい。

映画の出演作では『タイタニック』が最も知られている。

タイタニック(1997)
タイタニック(1997)提供:ロイター/アフロ

レオナルド・ディカプリオさんは、俳優業の一方、環境系の活動でも知られており、環境保護団体「レオナルド・ディカプリオ財団」LEONARDO DICAPRIO FOUNDATIONを立ち上げている。2015年には世界の環境保護団体へ寄付、2019年のアマゾン火災では500万ドルの寄付を発表している。

レオナルド・ディカプリオ財団が設立した基金は、寄付のみならず、研究者の研究支援にも役立っている。

ディカプリオさんは、これまで環境保護についての活動は知られていたが、食に関する発信は、目にしたことがなかった。食料廃棄の及ぼす環境への甚大な影響を知ってツイートしてくれたのであれば、大変ありがたい。

「17%」は「消費者が小売・外食・家庭で入手し得る食品のうちの17%」

食品ロス問題について、ある程度知っている人なら聞き慣れた数字がある。「3分の1」だ。世界の食料生産のうちの3分の1が捨てられている、というものだ。国連FAOが発表したデータに基づいている。世界の食料生産のうち、3分の1にあたる13億トンが廃棄されている、というものだ。

じゃあ、この「17%」っていうのはなんだろう?3分の1(約33%)より減っているじゃないか、ということだが、これは、「消費者が入手できる食品のうちの17%」という意味だ。農場などで一次生産された野菜などが貯蔵され、運ばれ、加工・製造されて流通にのり・・・といった、食品関連事業者のみが入手できる食品は含んでいない。

下の図でいうと、上の段のように、農場から流通に至る過程で発生する食品の廃棄をFood Loss(フードロス)という。下の段にある、小売・外食・家庭で発生するのがFood Waste(フードウェイスト)。

「3分の1」というのは、Food Loss(フードロス)とFood Waste(フードウェイスト)の2つを合わせた全体の「3分の1」ということ。

「17%」というのは、下段のFood Waste(フードウェイスト)のうちの17%ということ。下段の小売・外食・家庭は、消費者が入手し得る段階ということになる。

食品ロスのうち、Food Loss(フードロス)とFood Waste(フードウェイスト)の違い。FAOの定義に基づき、筆者作成
食品ロスのうち、Food Loss(フードロス)とFood Waste(フードウェイスト)の違い。FAOの定義に基づき、筆者作成

食品ロスは世界の温室効果ガス排出源の8〜10%

英WRAP(ラップ)が展開する、食品ロス削減の啓発活動「LOVE FOOD HATE WASTE」は、レオナルド・ディカプリオさんのツイートを即座に見つけて、その24分後に次のようなコメントを書いている。

そうなんです!食品ロスの廃棄は気候変動の原因になることを知っていましたか?食べ物を無駄にするのを減らす方法はこちらから→Food Waste Action Week

英国は、「食品ロスが気候変動に大きく影響する」ことを、ここのところ、何度も強調している。下記ツイートでも、食べ物の無駄は気候変動に大きく影響することを強調している。

レオナルド・ディカプリオさんが引用した報道は、2021年3月4日の日本時間23:30に国連環境計画(UNEP)が発表した内容である。

食品ロスの廃棄は、世界の温室効果ガスの排出源の8〜10%を占めている。ぜひ知ってほしい。

国連4日夜発表速報 年10億トン近く廃棄 食品ロスは温室効果ガス排出10%で気候変動の主要因(61)(2021年3月5日、井出留美)

「脱炭素で食品ロスに触れない無知」4日国連(UNEP)「食品ロスは温室効果ガス源の10%、削減急務」(2021年3月5日、井出留美)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

メディアが報じない世界の食品ロス情報 SDGs世界最新レポートサンプル記事
月額220円(初月無料)
月1回程度
食品ロス対策や省資源化について、日本の報道は「食料が余る前提」の表面的な内容に偏っています。SDGs世界ランキング上位を占める北欧や欧州はどのような取り組みを行っているのか。食品ロス問題を全国的に広め数々の賞を受賞した筆者が、国際組織から入手する情報を含め、日本メディアが報じない「ここでしか知ることのできない食品ロス問題最新動向」を提供します。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ