生ごみ・牛ふん・もみ殻の「土魂壌(どこんじょう)」で有機米栽培 福井県池田町の取り組み

福井県池田町でいただいたご飯。左下は八つ頭の茎の梅酢漬け「すこ」(筆者撮影)

コロナ禍になり、家庭での調理が増え、家庭での滞在時間が長くなってきた。そのようなライフスタイルの変化が背景にあるのか、コンポスト(堆肥)づくりがじわじわと注目を集めているようだ。

雑誌『天然生活』の2020年11月号では「ごみを、ごみにしない暮らし方 始めよう、コンポスト生活」と題し、5ページにわたって特集している。記事を監修している、東京都三鷹市の農家兼啓発活動アドバイザーの鴨志田(かもしだ)純さんによれば、例年、春の時期にはコンポストが注目される傾向があるそうだ。2020年春以降は例年にも増してコンポストが注目されており、インターネットでの検索数も急増したとのこと(Google Trendsリサーチによる)。LFCコンポストなど、持ち運びに便利で見た目もおしゃれなコンポストが登場している。

福井県池田町の景色(筆者撮影)
福井県池田町の景色(筆者撮影)

2020年11月4日、食品ロスの講演に呼んでいただいた福井県池田町で、食品ごみ(生ごみ)から堆肥を作る取り組みについて、現場を案内していただいた。

福井県池田町の紅葉(筆者撮影)
福井県池田町の紅葉(筆者撮影)

福井県池田町は、福井県の中央部、今立郡(いまだてぐん)に位置する、人口2,465人(2020年10月末現在)の町。町の面積の9割が森林で占められている。

福井県池田町の宿泊施設「ファームハウス・コムニタ」(筆者撮影)
福井県池田町の宿泊施設「ファームハウス・コムニタ」(筆者撮影)

2002年、家庭の生ごみを牛ふんやもみ殻と混ぜ、堆肥「土魂壌(どこんじょう)」を作る食Uターン事業を立ち上げ、堆肥を活用した有機米の栽培に取り組んできた。生ごみを食品資源と呼んでいる。

福井県池田町の施設に掲げられた「循環型農村を目指して」の掲示(筆者撮影)
福井県池田町の施設に掲げられた「循環型農村を目指して」の掲示(筆者撮影)

専用回収車「あぐりパワーアップ号」で毎週月・水・金に回収

町民は、食品の調理や消費の過程で出た食品資源(生ごみ)の水を切り、新聞紙などで包み、池田町内で販売されている指定の紙袋に入れて出す。

福井県池田町の公式サイトに掲載されている手順(筆者がスクリーンショット)
福井県池田町の公式サイトに掲載されている手順(筆者がスクリーンショット)

町民が出した食品資源(生ごみ)は、専用の回収車「あぐりパワーアップ号」で、毎週、月・水・金の3回、回収される。回収は、NPO法人環境Uフレンズが行っている。

福井県池田町で週3回、町を廻っている、専用の回収車「あぐりパワーアップ号」(筆者撮影)
福井県池田町で週3回、町を廻っている、専用の回収車「あぐりパワーアップ号」(筆者撮影)

回収された食品資源は、あぐりパワーアップセンターへ運ばれる。

食品資源と牛ふん、もみ殻を混ぜて堆肥が作られる(筆者撮影)
食品資源と牛ふん、もみ殻を混ぜて堆肥が作られる(筆者撮影)

そこで食品資源は、牛ふん、もみ殻と一緒に、有機肥料「土魂壌(どこんじょう)」になる。

牛ふんと生ごみ、もみ殻で作られた、池田町の土魂壌(どこんじょう)(筆者撮影)
牛ふんと生ごみ、もみ殻で作られた、池田町の土魂壌(どこんじょう)(筆者撮影)

また、たい肥製作過程での発酵時の蒸気から、有機の液肥である「土魂壌の汗」も作られる。

福井県池田町の肥育牛舎(筆者撮影)
福井県池田町の肥育牛舎(筆者撮影)

出来上がった堆肥や液肥は、農家や一般家庭で使用され、安全な農作物を作る「ゆうき・げんき正直農業」が行われている。

福井県池田町で収穫され、販売されるあずきの袋に貼られた「ゆうき・げんき正直農業」のマーク(筆者撮影)
福井県池田町で収穫され、販売されるあずきの袋に貼られた「ゆうき・げんき正直農業」のマーク(筆者撮影)

また、福井市のショッピングセンター内のアンテナショップ「こっぽい屋」でも販売されている。

福井市の「こっぽい屋」で販売される黒米巻寿司(筆者撮影)
福井市の「こっぽい屋」で販売される黒米巻寿司(筆者撮影)

容器包装も回収してリサイクルに

福井県池田町では、食品資源(生ごみ)だけでなく、容器包装も回収してリサイクルしている。町民が自主的に回収場所へ持参し、ある一定数を入れるとインセンティブが与えられる仕組みだ。

町民が持参する「みんなのエコステーション」(筆者撮影)
町民が持参する「みんなのエコステーション」(筆者撮影)

生ごみを資源に

環境省が毎年3月末に発表するリデュース(1人1日当たりのごみ排出量)取組の上位10位市町村で、福井県池田町は、全国のベスト10には入っていない。だが、町民が自主的に立ちあげたプロジェクトが20年近く続いているのは素晴らしいと感じた。

生ごみは、実はごみではなく、資源なのだ。生ごみを生かす取り組みは、食品ロスを出さない意識や行動にも着実につながっていく。

関連情報

福井県池田町 食Uターン事業(環境Uフレンズの紹介)

福井県池田町 住民基本台帳人口と世帯数

生ごみリサイクル全国ネットワーク公式サイト

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ