ノーベル平和賞受賞 国連WFPが80か国に支援する食料420万トンより日本の食品ロスが1.5倍も多い

国連WFPの食料支援量より日本の食品ロスが1.5倍多い 国連WFP公式サイトより

2020年10月9日、国連WFPがノーベル平和賞を受賞したことが報じられた。

国連WFPは、飢餓のない世界を目指して活動する国連の食料支援機関として毎年およそ80カ国に支援を行う組織だ。

国連WFP事務局長のデイビッド・ビーズリー(David Beasley)氏は、今回のノーベル平和賞受賞で、声明を発表するとともに、喜びの声をツイッターに投稿した。

デイビッド・ビーズリー氏は、2020年7月17日、新型コロナ感染症によるパンデミックが引き金となり、大規模の飢饉が起こる可能性について発言している。

「3カ月前の国連安全保障理事会で 私は世界の指導者たちに 聖書に出てくるような規模の飢饉の危険性があると話しました。私たちの最新のデータによると、それ以来、世界の最貧家庭の何百万人もの人々が、さらに奈落の底に追いやられています。生計が前例のない速さで破壊され、現在彼らの生活は飢餓によって切迫した危険にさらされています。はっきり言います。人々が苦しんでいるこのパンデミックを終わらせるために今行動しなければ、多くの人が死ぬことになります」と

出典:国連WFP事務局長、デイビッド・ビーズリー氏の言葉(2020年7月17日)

実は日本の食品ロスは世界の食料支援量より1.5倍も多い

世界への食料支援と聞くと、想像もつかないくらい膨大な量を支援しているように思うかもしれない。

だが、国連WFPが一年間に支援している食料は、年間420万トン(2019年度)。日本で無駄にしている食品の量は、年間612万トン(2017年度)なので、世界の食料支援量の1.5倍に相当する。

国連WFPの年間食料支援量420万トンより、日本の食品ロス612万トンの方が1.5倍多い(国連WFP公式サイトより)
国連WFPの年間食料支援量420万トンより、日本の食品ロス612万トンの方が1.5倍多い(国連WFP公式サイトより)

2020年のコロナ禍で飢餓も貧困も事態が悪化

SDGsのゴール2番で撲滅を目指す飢餓の問題は、2020年のコロナ禍で悪化してしまった。

飢餓だけでなく、貧困についても同様だ。2020年10月7日、世界銀行(The World Bank)が発表した推計によると、1日1.9米ドル(約200円)以下で暮らす絶対的貧困層が、2020年末までに7億2900万人となる見込みだ。世界人口のうち9.4%を占める。

COVID-19(新型コロナ感染症)が発生するまでの25年間、貧困は徐々に改善傾向を見せていたが、2020年、悪化に転じた。世界銀行が国際的に統一した方法で調査を始めて以来、貧困の増加は最も大きい結果となる。SDGsのゴール1番「貧困撲滅」の達成は、残念ながら遠のいてしまった。

SDGsのゴール1番は「貧困撲滅」2番は「飢餓撲滅」(国連広報センターHP)
SDGsのゴール1番は「貧困撲滅」2番は「飢餓撲滅」(国連広報センターHP)

10月31日までSNSに投稿する「ゼロハンガーチャレンジ」

あまりに大きい問題に直面すると、何をしていいのかわからないし、自分一人くらいが何しても変わらないわ、と無力感にさいなまれる。

国連WFPは、ゼロハンガーチャレンジを実施中だ。やり方は簡単で、SNSに以下のハッシュタグ

  • 食品ロスゼロアクション
  • ゼロハンガー2020
  • 国連WFP

(それぞれ用語の前にシャープの記号をつける)

をつけて投稿するだけ。1つの投稿で、協賛企業が120円を寄付してくれるので、そのお金で飢餓に苦しむ低所得国の人たちの食料を提供することができる。2020年10月31日まで、同じ人が、何度でも投稿することができる。

投稿の内容は、たとえば、食品ロス削減や飢餓に関する下記のようなもの。

見切り品や規格外品の購入

見切り品・規格外野菜の購入(国連WFP公式サイトより)
見切り品・規格外野菜の購入(国連WFP公式サイトより)

インターネットで食品ロスの購入

インターネットで食品ロスになりそうなものを購入(国連WFP公式サイトより)
インターネットで食品ロスになりそうなものを購入(国連WFP公式サイトより)

残り物活用レシピ

残り物活用レシピ(国連WFP公式サイトより)
残り物活用レシピ(国連WFP公式サイトより)

皮なども使ったスムージーやスープ

皮なども丸ごと使ったスムージーやスープ(国連WFP公式サイトより)
皮なども丸ごと使ったスムージーやスープ(国連WFP公式サイトより)

外食の持ち帰り

ドギーバッグによる外食の持ち帰り(国連WFP公式サイトより)
ドギーバッグによる外食の持ち帰り(国連WFP公式サイトより)

外食で食べきれるだけ注文

外食では食べきれる量を注文(国連WFP公式サイトより)
外食では食べきれる量を注文(国連WFP公式サイトより)

そのほか、食品ロスや飢餓問題に関するイベントや講座へ参加したことや、食品を無駄にしない冷蔵庫収納術などもOK。

まずは、事実を知ること。そして、意識を変え、行動を変えること。どんなささやかなことでも、できるところからやると、無理なく続けることができる。

参考情報

国連世界食糧計画(WFP)がノーベル平和賞を受賞  国連WFP事務局長のデイビッド・ビーズリーによる声明(2020年10月9日、国連WFP)

コロナウイルスが命と生活を奪い、今後数カ月で飢餓が急増=国連新報告書(2020年7月17日、国連WFP)

国連WFP ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス×飢餓 ゼロ

前半で30万件以上のSNSアクション「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」 「食品ロス削減推進法」施行から1年 世界食料デーキャンペーン2020

コロナ禍でもできる社会貢献 「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」タレントや企業など100以上の個人・団体が協力 世界食料デーキャンペーン2020

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。食品ロス削減を目指す、政府・企業・国際機関・研究機関のリーダーによる世界的連合Champions12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『あるものでまかなう生活』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    <朝ドラ「エール」と史実>「夜は飲みつづけ、日中は寝つづけ」佐藤久志のモデルも酒浸り…どう復活した?辻田真佐憲10/27(火) 8:30
  2. 2
    麻生太郎財務大臣 今度は「お金に困っている方の数は少ない」 いやいや困っている方ばかりです藤田孝典10/27(火) 6:00
  3. 3
    消えた背番号10 イスラム教徒に「表現の自由」は認められない プロスポーツは中国の圧力に屈したのか木村正人10/27(火) 16:24
  4. 4
    「ひきこもり支援に“引き出し危険”」 8050問題の専門家がケアマネ向け冊子で警鐘池上正樹10/27(火) 0:07
  5. 5
    【国民民主党が会派離脱】 玉木雄一郎の「倍返し」が始まった!安積明子10/26(月) 6:01
  6. 6
    非docomoユーザーはチャージ停止 d払いの本人確認、今日からスタート山崎俊輔10/27(火) 13:50
  7. 7
    「令和おじさんの偽善」にインドネシアの人々が抗議した理由―公的資金で公害輸出、温暖化も促進志葉玲10/27(火) 12:00
  8. 8
    「コロナ感染者」は韓国が全体で2万5千人なのに東京だけで3万人を突破! ソウルの5倍で大丈夫か?辺真一10/25(日) 19:00
  9. 9
    眞子さま「時計の針が再び動き出したかのような感覚」 29歳の胸中と皇族としてのご活動つげのり子10/26(月) 10:00
  10. 10
    岡村隆史さんの結婚と風俗発言と予期されていた深刻な女性の貧困問題藤田孝典10/23(金) 5:00