「食品ロスの報道は恵方巻に偏っている」は本当か?過去5年の報道回数を調べてみた

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

「食品ロスの報道はいつも恵方巻のことばかり」「一年365日、他にも食品ロスは起きているのに」という意見を耳にする。はたして食品ロスの報道は恵方巻に偏っているのだろうか。過去の報道回数を検証してみた。

確かに2019年は「恵方巻」「食品ロス」が451回報道

日本最大級のビジネスデータベースサービス、G-Search(ジーサーチ)を使って、過去30年間にさかのぼり、国内主要メディア150紙誌に登場した回数を調べてみた。

「恵方巻」と共に、食品ロス問題でよく話題にのぼる季節食品のうち、「クリスマスケーキ」「おでん」「うなぎ」も調べてみた。

結果は次の通り。2012年以前のデータはゼロ、もしくは1件・2件というケースがほとんどのため、グラフでは2013年から2019年の7年間を示した。

「食品ロス」という語句と共に登場した食品のメディア掲載回数(G-Searchを元にYahoo!ニュース作成)
「食品ロス」という語句と共に登場した食品のメディア掲載回数(G-Searchを元にYahoo!ニュース作成)

2019年に「恵方巻」と「食品ロス」が同時に報じられた回数は451回。確かに、他の食品や他の年と比べても突出して多い。

報道にはポジティブな内容とネガティブな内容が混在しており、その比率までは検証しなかったが、話題にのぼった回数が多いことは確かだ。

この要因は、農林水産省が2019年1月11日に、小売業界に対し、「恵方巻は需要に見合った数を販売するように」と通知を出したことが挙げられるだろう。

筆者は2017年2月3日、コンビニ恵方巻「大量廃棄」問題の解決が難しい事情という記事を書いた。その前の年、2016年2月3日の節分の日に、フランスで世界初の食品廃棄を禁ずる法律が成立し、ソーシャルメディアで、日本の恵方巻の廃棄と共に話題になっていた。そこから、恵方巻の食品ロスについて関心を持つようになった。

2019年「クリスマスケーキ」「食品ロス」は165回

恵方巻の次に目立つのは、2019年の「クリスマスケーキ」だろう。「食品ロス」という語句と共に、165回、登場している。

おそらくこの背景には、ファミリーマートが、大サイズのクリスマスケーキを「完全予約制」にしたことがある。ただ、2019年12月24日と25日のそれぞれ夜に31店舗を調査したところ、小さいサイズについては、多くの店舗でたくさん棚に詰まっているという結果だった。

2019年「うなぎ」「食品ロス」は58回

2019年は、「うなぎ」も58回登場するなど、多く報じられた。これも、ファミリーマートが「予約制」を謳ったことによる。

「おでん」「食品ロス」が初めて報じられたのは20年近くも前

調査した4つの食品のうち、恵方巻とうなぎは2016年に初登場、クリスマスケーキは2017年に初めて登場している。

最も早くにメディアに登場したのが「おでん」「食品ロス」のセットだ。20年近く前の2001年に、佐賀新聞が初めて報じている。佐賀新聞は、おでん以外でも、食品ロスについて、早い時期から報道していた。

2020年、セブンもファミマもローソンも「恵方巻ロス削減宣言」

2020年1月17日、農林水産省は、季節食品のロス削減の取組が拡大!~恵方巻きのロス削減プロジェクトに26社参画~というプレスリリースを発表した。小売企業のうち、26社が、農林水産省の呼びかけに賛同し、2020年2月3日の恵方巻の食品ロスを減らすことを宣言している。この中には大手コンビニのセブン-イレブン・ジャパンやファミリーマート、ローソンが入っている。

農林水産省によれば、2019年の恵方巻のロスは削減傾向にあったとのことだった。

日本の食品小売業の、2019年2月3日の恵方巻のロス削減状況(2020年1月17日、農林水産省発表データ)を元に、Yahoo!ニュース作成)
日本の食品小売業の、2019年2月3日の恵方巻のロス削減状況(2020年1月17日、農林水産省発表データ)を元に、Yahoo!ニュース作成)

はたして2020年2月3日の結果はどうなるか。

恵方巻など季節食品のロスをきっかけに、人々が食品ロスの問題に関心を持ったことはよかった。ただそれだけに終わらせず、一年365日製造される食品や、日常の食事を大切にすることに人々の関心が向くよう、発信者としても尽力していきたい。

参考情報

食品ロスで騒がれる2019年、クリスマスケーキの廃棄は減ったのか?31店舗の実態を調査した

2019クリスマスケーキ「完全予約制」にしたファミリーマート 廃棄はゼロになった?

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    もしかして新型コロナウイルス感染症かなと思ったら 病院を受診するメリットとデメリット 忽那賢志2/19(水) 22:12
  2. 2
    新妻が子猫をサプライズで買ったら、夫が「捨てに行く」と… なぜ悲劇は起きたのか? 石井万寿美2/18(火) 8:01
  3. 3
    保護した子猫の病気がまさかの感染、飼い主も病院通いにした「犯人」とは? 石井万寿美2/19(水) 8:00
  4. 4
    新型コロナウイルス感染症 実際に診た医師の印象 忽那賢志2/6(木) 23:02
  5. 5
    日本より先にローカル感染が確認されたシンガポールの新型コロナウイルス対策 中野円佳2/14(金) 9:15
  6. 6
    【加筆あり】チャンスは来週月曜! auPAYで20%還元を獲得するコツ、全部教えます 山崎俊輔2/19(水) 11:08
  7. 7
    症状、予防、経過と治療… 新型コロナウイルス感染症とは? 現時点で分かっていること 忽那賢志1/31(金) 11:37
  8. 8
    「近所の人気者」だから犬の認知症でも助かった明日香くん おひとり様とペットの注意点 石井万寿美2/17(月) 8:00
  9. 9
    新型コロナウイルス感染症の「感染力」はどれくらい強いのか? 忽那賢志1/26(日) 13:54
  10. 10
    徐々に見えてきた新型コロナウイルス感染症の重症度と潜在的な感染症数 忽那賢志2/2(日) 1:13