フランス人がヒュッゲの国デンマークで始めた量り売りの店「ロス・マーケット」食品ロス削減にも貢献

Frederic Hamburger(フレデリック・ハンブルガー)氏(筆者撮影)

デンマーク・コペンハーゲンに、量り売りの店がある。それが、LOS market(ロス・マーケット)だ。フランス人のFrederic Hamburger(フレデリック・ハンブルガー)さんが2015年にクラウドファンディングで資金を集め、2016年9月に始めた。

オランダで、食品ロスなどの生ごみを廃棄せず、資源として活用するThe Waste Transformers(ウェイスト・トランスフォーマー)を取材した際、当時オランダ在住だった、安居昭博さんに、ロス・マーケットのことを教えて頂いた。安居さんは、すでにこの店を取材した記事を書いており、その中で筆者の記事も引用して頂いていた。

店頭に色とりどりの野菜や果物

LOS marketは、コペンハーゲンの中心部から南西の方向にある。

街の中心部から歩いてくると、まず目立つのは、店先の看板だ。「あ、ここだ」とすぐわかる。

デンマーク・コペンハーゲンの量り売りの店、LOS market(ロス・マーケット)(筆者撮影)
デンマーク・コペンハーゲンの量り売りの店、LOS market(ロス・マーケット)(筆者撮影)

そして、店頭に並べられた、色とりどりの果物や野菜。

店頭には野菜や果物が木の箱に入って並べられている(筆者撮影)
店頭には野菜や果物が木の箱に入って並べられている(筆者撮影)

野菜や果物の生産地とともに、1kgあたりの値段が表示されている。

野菜や果物の生産地と1kgあたりの値段が明記されている(筆者撮影)
野菜や果物の生産地と1kgあたりの値段が明記されている(筆者撮影)

店内に入ると、そこにもバナナや柑橘類などの果物が並んでいる。あまり陽の光を当てない方がよいものを中に置いているのだろう。

店内に置かれたバナナや柑橘類(筆者撮影)
店内に置かれたバナナや柑橘類(筆者撮影)

シリアル、コーヒー豆、ドライフルーツ、チョコレートも量り売り

生鮮品の他には、賞味期限の長い加工食品が目立つ。

コーンフレークやミューズリーなどのシリアル類。

コーンフレークやミューズリー、グラノラなどのシリアル類(筆者撮影)
コーンフレークやミューズリー、グラノラなどのシリアル類(筆者撮影)

ミルクチョコレートやホワイトチョコレート、様々なカカオ分のチョコレート。

ホワイトチョコ、ミルクチョコなどのチョコレート類(筆者撮影)
ホワイトチョコ、ミルクチョコなどのチョコレート類(筆者撮影)

世界中の産地のコーヒー豆。

コーヒー豆(筆者撮影)
コーヒー豆(筆者撮影)

パプリカ、ナツメグ、ターメリックなどのスパイス類や、ナッツ類。

パプリカやフェンネル、ナツメグなどのスパイス類(筆者撮影)
パプリカやフェンネル、ナツメグなどのスパイス類(筆者撮影)

レンズ豆、ひよこ豆などの豆類。

レンズ豆、ひよこ豆などの豆類(筆者撮影)
レンズ豆、ひよこ豆などの豆類(筆者撮影)

オリーブオイルなどのオイルも量り売り。

オリーブオイルなど。ハンドルを前に倒すと出てくる(筆者撮影)
オリーブオイルなど。ハンドルを前に倒すと出てくる(筆者撮影)

液体のものを入れる瓶は、口の小さいものから大きなものまで売っている。

液体製品を入れる瓶(筆者撮影)
液体製品を入れる瓶(筆者撮影)
ジャータイプの瓶(筆者撮影)
ジャータイプの瓶(筆者撮影)

洗剤などの日用品や竹ストロー、関連書籍も

シャンプーやボディソープなどの液体洗剤類もある。

シャンプーやボディソープなどの液体洗剤類(筆者撮影)
シャンプーやボディソープなどの液体洗剤類(筆者撮影)

固形のシャンプーもあり、自分が欲しい量だけカットして買えるようになっていた。

固形のヘアシャンプー。自分で好きなだけカットする(筆者撮影)
固形のヘアシャンプー。自分で好きなだけカットする(筆者撮影)
固形石鹸(筆者撮影)
固形石鹸(筆者撮影)

竹ストローや、竹の柄の歯ブラシも。

竹ストローや竹歯ブラシ(筆者撮影)
竹ストローや竹歯ブラシ(筆者撮影)

持ち運びできる、何度も使えるカトラリーセットや、ステンレス製ストローがあったので、買ってみた。

持ち運び可能なカトラリーセットと、ステンレス製のストロー(筆者撮影)
持ち運び可能なカトラリーセットと、ステンレス製のストロー(筆者撮影)

家族4人で暮らし、一年間に排出するごみの量が片手で持てるだけ、という、ベア・ジョンソンさんの著書『ZERO WASTE HOME(ゼロ・ウェイスト・ホーム)』もあった。日本では服部雄一郎さんが翻訳し、アノニマ・スタジオから出版されている。来日講演は、筆者も聴講した。

ベア・ジョンソンさんの著書『ZERO WASTE HOME』(筆者撮影)
ベア・ジョンソンさんの著書『ZERO WASTE HOME』(筆者撮影)

イタリアの量り売り店との比較

筆者は2018年10月にイタリアの食品ロス事情を取材した。その際、同行して下さったイタリア在住の佐藤友啓(さとう・ともひろ)さんに、量り売りの店、effecorta(エッフェ・コルタ)を紹介して頂き、訪問した。

イタリアの量り売りの店、effecotra(エッフェコルタ)(筆者撮影)
イタリアの量り売りの店、effecotra(エッフェコルタ)(筆者撮影)

エッフェコルタにはあって、ロス・マーケットでは見かけなかったものといえば、次のような商品だろうか。

はちみつ

クッキー

グリッシーニ

乾麺(パスタ、春雨か米麺のような透明な麺など)やマカロニ

アマランサスのような穀物

ワイン

量り売りのワイン(イタリアのeffecotra)(筆者撮影)
量り売りのワイン(イタリアのeffecotra)(筆者撮影)

イタリアのeffecortaでは、量り売りではなかったが、パックされた生ハム類やサラミなど、肉製品も置いてあった。

共通点としては、大量販売ではないということ。こぢんまりとした店の規模に、置いてある製品もあくまで適量という趣だった。

なぜ日本では量り売りの店が少ないのか?

2019年11月11日、ちょうど帰国している佐藤友啓さんや、食品企業の社員の方と、「なぜ日本では量り売りの店が少ないのか」について話した。結論としては、「食品の衛生面を危惧する」「効率を重視し、手間を嫌う」「新たな仕組みを導入し、客に説明するのが面倒」などの理由が挙げられた。

一方で、日本のスーパーで多く見られる、野菜や果物のまとめ売りに関する難点も挙げられた。昨今では日本の平均世帯人数が2名プラスアルファと少なくなっており、大量に買っても余って食品ロスになり、腐らせてしまう。だから、バラ売りのニーズが高まっており、量り売りの形態も検討されている・・・という事情も挙げられた。つまり、量り売りが検討されているのは、過剰包装の観点からのニーズではない。

ロス・マーケットの代表であるフレデリックさんは、フランスからデンマークに移り住んで以来、包装が多過ぎると感じてきた。そのことが、ロス・マーケットの開店につながった。

日本ではどこに量り売りの店があるの?

日本全国の量り売りの店については、「プラなし生活 Less Plastic Life」というサイトが日本の「量り売りショップ」が見つかる!マップとリストで一挙に紹介という記事で、リストにして詳しく教えてくれているので、参考にして欲しい(2019年9月13日更新。2019年11月12日現在の情報)。

量り売りの店を、個店でやろうとすると、大量販売は難しいだろう。だが、このような店を選ぶ消費者も必ずいる。デンマークのLOS marketには2日間訪問したが、両日とも、客足は途切れなかった。全ての店で大量販売や効率化を目指す必要はないのでは?

参考情報

LOS market(ロス・マーケット)公式サイト

LOS MARKET, First Zero Waste, Organic Store in Denmark デンマーク初「使いすて容器を使わない」オーガニックストア Los Market (COPENHAGEN)

注:デンマーク語の文字が一部表記されないため、「O」などのアルファベットで代用しています。