冷蔵庫を使わないでアイスクリームを作ることができる?子どもの夏休みの自由研究にぴったり、しかも省エネ

(ペイレスイメージズ/アフロ)

明治時代初期に開業した日本初のアイスクリーム屋さんの製造器は、二重構造になった金属製の筒状で、外側に塩と氷、内側にアイスクリームの材料を入れ、手動で撹拌するものだったという(書籍『環境問題を考える自由研究ガイド』エコ実験研究会編、東京書籍)。

書籍『環境問題を考える自由研究ガイド』エコ実験研究会編、東京書籍(筆者撮影)
書籍『環境問題を考える自由研究ガイド』エコ実験研究会編、東京書籍(筆者撮影)

この本には、「冷蔵庫を使わないで作るアイスクリーム」の方法が載っている。明治時代初期のアイスクリームの作り方を元にしたものだ。

市販の食品を買ってくるのもいいが、時間のある夏休みに、時間をかけて作ってみると、食べ物の有り難みや、成り立ちがわかり、食べ物へ意識がのぼり、食品ロスを減らすことにも繋がると思う。そこで、この本を見ながら、冷蔵庫を使わないでアイスクリームを作ってみることにした。

準備するもの

空き缶、生クリーム75ml、牛乳150ml、卵1個、砂糖45g(大さじ4杯)、バニラエッセンス数滴、氷800g~1kg、塩(氷の3分の1量)、ビニール袋(大きいのと小さいの)、バスタオル、輪ゴム数本、ラップ、割りばし、ガムテープ、計量カップ・スプーン。

1、空き缶に卵を入れて、割りばしでほぐす

まず、空き缶と卵1個を準備する。空き缶がなかったので、果物の缶詰を買って来て、食べ終わった後の空き缶を使った。空き缶は、よく洗う。

空き缶と卵1個を準備する(筆者撮影)
空き缶と卵1個を準備する(筆者撮影)

卵を入れたら、割りばしを使って、溶きほぐす。

空き缶の中に割り入れた卵を、割りばしで溶きほぐす(筆者撮影)
空き缶の中に割り入れた卵を、割りばしで溶きほぐす(筆者撮影)

2、生クリーム、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを加える

次に、生クリーム75mlを準備する。

生クリーム75ml(ミリリットル)を準備する(筆者撮影)
生クリーム75ml(ミリリットル)を準備する(筆者撮影)

溶きほぐした卵の中にそそぐ。

生クリーム75ml(ミリリットル)をそそぐ(筆者撮影)
生クリーム75ml(ミリリットル)をそそぐ(筆者撮影)

さらに、牛乳150mlをそそぐ。

牛乳150ml(ミリリットル)をそそぐ(筆者撮影)
牛乳150ml(ミリリットル)をそそぐ(筆者撮影)

砂糖45g(グラム)(もしくは大さじ4杯)を入れる。

砂糖45gを入れる(筆者撮影)
砂糖45gを入れる(筆者撮影)

バニラエッセンスを数滴加える。

バニラエッセンスを数滴加える(筆者撮影)
バニラエッセンスを数滴加える(筆者撮影)

3、ラップをかぶせ、缶のふたをしてガムテープで閉じる

割りばしで混ぜて、ラップをかぶせる。

全部混ぜたらラップをかぶせる(筆者撮影)
全部混ぜたらラップをかぶせる(筆者撮影)

缶のふたをする。

缶のふたをする(筆者撮影)
缶のふたをする(筆者撮影)

上からガムテープでしっかりと閉じる。

上からガムテープでしっかりと閉じる(筆者撮影)
上からガムテープでしっかりと閉じる(筆者撮影)

4、ビニール袋に缶を入れ、そこに氷と、氷の3分の1量の塩を入れる

ビニール袋に缶を入れ、そこに氷を800gから1kgくらい入れる。

ビニール袋に缶を入れ、そこに氷を入れる(筆者撮影)
ビニール袋に缶を入れ、そこに氷を入れる(筆者撮影)

さらに氷の分量の3分の1程度の塩を上からそそぐ。

氷の分量の3分の1程度の塩をそそぐ(筆者撮影)
氷の分量の3分の1程度の塩をそそぐ(筆者撮影)

5、ビニールの口をしばり、バスタオルとビニール袋でくるんで20分間シェイクする

ビニール袋の口をしっかりとしばる。

ビニール袋の口をしっかりとしばる(筆者撮影)
ビニール袋の口をしっかりとしばる(筆者撮影)

バスタオルでくるみ、ゴムでしばる。

バスタオルでくるんでゴムでしばる(筆者撮影)
バスタオルでくるんでゴムでしばる(筆者撮影)

さらに大きなビニール袋に入れて、口をしっかりしばる。

大きなビニール袋に入れて口をしっかりしばる(筆者撮影)
大きなビニール袋に入れて口をしっかりしばる(筆者撮影)

そして、20分間、よくシェイクする(振る)。

6、缶を振ってみて音がしなければ完成

20分間シェイクした後、缶を取り出してみて、液体の音がしなければ、出来上がり。

缶の外側には塩がついているので、さっと洗って、拭いてから開ける。缶の内側の、側面に沿って、アイスクリームが出来ている。

缶の内側の側面に沿ってアイスクリームが出来ている(筆者撮影)
缶の内側の側面に沿ってアイスクリームが出来ている(筆者撮影)

缶のフチで手を怪我しないように気をつけて、アイスクリームを取り出す。

缶からアイスクリームを取り出す(筆者撮影)
缶からアイスクリームを取り出す(筆者撮影)

器に盛り付けて、出来上がり。

出来上がったアイスクリーム
出来上がったアイスクリーム

作ってみての感想

氷に塩をかけると温度が下がる。冷蔵庫や冷凍庫を使わなくても、氷と塩で、アイスクリームを作ることができた。

工程の中では、おそらく、20分間シェイクし続けるところが一番大変。子ども一人でやるのは難しいかもしれないので、何人かで力を合わせてやってみるとよい。

出来上がって、缶から取り出すとき、缶のフチなどで怪我をしないよう、十分、気をつけたい。

出来上がったアイスは、良い原材料を使っているので、味わい深い、深みのある味だった。

お勧めしたいこと

この本には、元の温度よりも低温になる「寒剤」について、凝固点降下の仕組みについて、など、詳しく書いてある。この本を読みながら作ると、理解が深まると思う。

手作りのアイスクリームを作ってみて、市販のアイスクリームと、味を比べてみて欲しい。市販のアイスクリームの原材料欄を見て、何が違うか、賞味期限は表示されているか、など、比べてみよう。

自分で作ってみることで、食べ物への愛着がわく。

一生懸命作った食べ物は、捨てるどころか、きれいに食べきりたい、と思う。

電力を使って冷蔵庫や冷凍庫で冷やし続けなくても、氷と塩があれば作れる。ということは、エネルギーの省力化にも繋がる。環境への負荷を減らすことにもなる。

夏休みに、ぜひ、チャレンジしてみて欲しい。

参考書籍:『環境問題を考える 自由研究ガイド』エコ実験研究会編、東京書籍