巨人・上原浩治投手の引退に寄せて。日米通算トリプル100の偉業。名球会は入会資格を再考すべきだ。

レッドソックス時代の上原。(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 ボストン・レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークの記者席は5階にある。エレベーターを降りてドアを開けると、記者席に続く廊下の両側の壁には、球団の歴史を彩る様々な写真や新聞記事が展示されている。クラブハウスで腰にバスタオルを巻いて素振りする若き日のテッド・ウィリアムスや、バンビーノの呪いを解いた04年の優勝シーンの写真に混じって、胴上げ投手・上原浩治が、人差し指を天に号泣する写真が目に飛び込んでくる。言うまでもなく、2013年、ワールドシリーズ第6戦でカージナルスを倒し、世界一を達成した時だ。

 この前を通るたび、私はいつも感慨に耽る。シーズン前、この構図を予想した人はいない。前年度最下位のレ軍の下馬評は低く、抑えはハンラハン、ベイリーが相次いで故障、田沢純一も中継ぎで適性を示し、上原は“第4の候補”だった。上原を抱き抱えるデビット・ロスも控え捕手。日頃の鍛錬を重ね、巡ってきたチャンスをモノにしてヒーローに上り詰めた2人だからだ。

 引退後、ESPNのアナリストとして活躍するロス氏は、今でもメジャーの取材現場でよく顔を合わせる。今年もヤンキースタジアムで会い、「コージは、まだ現役でプレーしているよ」と言うと、「Unbelievable (信じられない)」と言った後で「いや、彼なら、It’s believable (十分考えられるよね)」と笑い、「コージの球を受けるのはいつも楽しかった」と懐かしそうだった。そんな矢先…。

 海の向こうから『上原引退』のニュースが流れてきた。あれから、6年。ボストンの人々は今も「コージ・ウエハラ」の名前を、リスペクトを込めて呼ぶ。あの時の上原は、凄かった。登場曲「サンドストーム」と共に背番号「19」がマウンドに走ってくると、まるで“名人芸“が始まったような気がした。90マイルに満たない直球でトントンと追い込み、スプリットでバットに空を切らせる。ほとんど、神掛かっていた。

 ブルージェイズ監督時代から獲得に動くなど、上原を評価していた当時のレ軍・ファレル監督は上原の特異な能力について興味深いことを言った。「ショート・アーム&ショート・メモリー」。直訳すると「短い腕と物忘れ」となり、酷いことを言うようだが、実は「腕の出処が判りづらく、球持ちが良い独特のフォーム」と「たとえ救援に失敗してもズルズル引きずらないで、次の日に切り替えが出来るメンタルの強さ」を形容する、正真正銘の褒め言葉である。

 上原は、決して長い時間ではなかったが、登板した試合は必ずメディアに対応してくれた。質問は大抵3つか、4つ。すると向こうから「いいすっか」と切り上げ、アイシングやトレーニングに行ってしまった。正直、物足りない気もしたが、いざ原稿を書く際になると、上原のコメントに一切、無駄がないことに気が付いた。頭の回転が速く、質問者の意図を瞬時に読み、投球の本質や、想いを自分の言葉で的確に表現した。それらの言葉をつなぐと、もう原稿が出来上がっていたことは1度や2度ではない。ある時、ふと気が付いた。軽快なテンポで、1イニングを10球前後で抑える彼の投球スタイル、そのものじゃないか、と。

 さて、日米通算134勝、128セーブ、104ホールドの成績を残した上原は名球会に入るだろうか。昨年、日米通算で100勝、100セーブ、100ホールドを達成した際、名球会の入会資格再考が討議されたと聞く。メジャーで「トリプル100」を達成したのは、イチローとも交流が深いマリナーズ内野手・ディーを息子に持つトム・ゴードン(138勝、158セーブ、110ホールド)だけだ。同氏は2015年の殿堂入り投票に初めてエントリーしたが、得票が5%に満たず、1年目で資格を失った。昨年12月、ラスベガスで行われたウィンター会議中に、偶然ゴードン氏と話す機会があった。上原が日米通算で「トリプル100」を達したことについて、「素晴らしい功績だ。私がそれを達成した時は、それほど、大きな話題になった訳ではない。人々は過小評価している。だが、私は、先発、中継ぎ、抑え、どの役割にも喜びを感じてマウンドに立った。そして、それが、どれ程、大変なことかを知っている。心から祝福したい」と言った。日米のファンを21年間に渡って、楽しませてきたレジェンドに、野球人の名誉がもたらされるか、今一度、討議されることになるだろう。

 

 上原投手、長い間、本当にお疲れ様でした。素晴らしい時間を、ありがとうー。