満月が変身! 10月8日は皆既月食

画像提供:国立天文台

今年(2014年)の10月8日(水)の夕方、「皆既月食」を全国各地で見ることが出来ます。2011年12月10日以来の好条件での皆既月食に関心が次第に高まっているようです。

満月がたまたま地球の影のなかを通過すると、次第に月が欠けていき、すっぽりと影の中に入るとほのかに赤い月に代わります。これは地球の大気中で赤い光のみが屈折して折れ曲がり月の表面にまで達するからです。この状態を皆既食、月が部分的に欠けている状態を部分食と呼びます。

この日の満月が欠け始めるのは18:15、皆既食は19:25~20:25までのほぼ1時間、21:35に満月に戻ります。

月食は満月の時にしか起こりませんが、日食と違い、その時間、月が見えている場所からならどこからでも月食を見ることが出来ます。

月食の経過や月の見える方向、観察方法、月食が起こる仕組みなどの詳しい情報については、国立天文台ウェブサイトの解説ページをご覧ください。また、国立天文台では、多くの皆さんにこの月食を観察していただくための観察キャンペーン「皆既月食を観察しよう 2014」を、月食当日の夜に実施いたします。皆既食中の月の色を観察して、ウェブページからご報告ください。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

月食が見られるのは平均で1年に1~2回程度です。次回は来年(2015年)4月4日(土)になります。ぜひ、見逃さないように。

画像