新聞と携帯電話、どちらがより「生活に密着した情報ツール」なのだろうか(2020年公開版)

↑ 新聞と携帯電話。社会公器としてより欠かせないのは。(写真:アフロ)

情報配信を行う媒体の多様化、特にインターネットに関連したデジタル技術の発展に伴い、紙媒体の相対的価値が減り、需要は漸減しつつある。またその媒体に載せるコンテンツを制作する業界内部における経年劣化、金属疲労的な実情の暴露機会も数多く、結果として価値をさらに押し下げている。それでは昨今、低所得層においても生活必需品として欠かせないと言われている、自らも主張している新聞は、本当に現在必需品たりえる存在なのだろうか。同じようにコンテンツを取得するツールとして今や生活必需品的な存在の移動電話(携帯電話。従来型携帯電話、スマートフォン双方を意味する。以下同)と併せ、総務省統計局が2020年2月に発表した家計調査報告(家計収支編)における2019年分平均速報結果の各種データを基に、現状を確認する。

次に示すのは二人以上世帯全体(勤労者(勤め人。無業者は該当しないが、他に役員や自営・自由業者も該当しない)世帯以外に、就業者が世帯にいない年金生活者世帯(年金も収入に含まれるので無収入ではない。貯蓄の取り崩しは収入ではない)も含む)における、世帯別新聞購読率・移動電話通信料支払率の、世帯年収別推移。さらに購読・支払世帯における支払額も算出した。なお今件では「新聞購読料支払世帯は月極での購入」「移動電話通信料を支払う世帯は携帯電話を所有している」前提で計算している。また単身世帯はデータが存在しないので精査は不可能。

↑ 新聞購読・移動電話通信料支払率(二人以上世帯、世帯年収別)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払率(二人以上世帯、世帯年収別)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払額(二人以上世帯、購読・支払世帯限定、月額、世帯年収別、円)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払額(二人以上世帯、購読・支払世帯限定、月額、世帯年収別、円)(2019年)

まず料金の支払率、つまり実質的な普及率だが、新聞はおおよそ低収入層の方が普及率が高い。100%を超えている層がある場合、計算上は1世帯あたり2部以上か、月極以外にも単発で周期的に購入している世帯があることになる。ただし2019年ではそのような実例は確認できなかった。他方、携帯電話はおおよそ低年収ほど低所有率ではあるが、その差は200万円未満の世帯を除けば大きくても20%ポイント程度でしかない。

利用世帯の支払額は、新聞ではほぼ一定。1紙あたりの月額料金にさほど差が無いこと、多くの購入世帯では1紙の購読であることを考えれば当然の話ではある。他方携帯電話は利用の仕方で費用が大きく変わる、子供のいる・いないなど世帯構成などによって世帯内所有台数が変わる、さらに利用している携帯電話の種類(従来型携帯電話かスマートフォンか)でも料金に大きな差が出ることから、おおよそ高年収世帯ほど額が上昇していく。

この結果のみを見ると、「新聞は低年収層においてはコンテンツ、情報取得のために欠かせない存在」との主張も間違っていないように判断できる。しかし二人以上世帯には勤労者世帯以外に就業収入が無く年金と貯蓄の取り崩しで生活をしている世帯(年金生活者)も多分に含まれていること、年金生活者は世帯年収こそ低いものの、生活費の多分を資産の取り崩しで充当している実態から、実生活様式と額面上の世帯年収との間には、勤労者世帯と比べて差異が大きく出ることを考える必要がある。

↑ 家計収支の構成(65歳以上・単身・無職・男性)(2014年)(円)(一か月)。2014年全国消費実態調査(総務省)より筆者作成。上段の「実収入+不足分」の不足分が資産からの取り崩しとなるが、これは収入としてはカウントされない。つまり世帯収入は低額でも生活を支える資金はそれ以上に充足していることになる
↑ 家計収支の構成(65歳以上・単身・無職・男性)(2014年)(円)(一か月)。2014年全国消費実態調査(総務省)より筆者作成。上段の「実収入+不足分」の不足分が資産からの取り崩しとなるが、これは収入としてはカウントされない。つまり世帯収入は低額でも生活を支える資金はそれ以上に充足していることになる

そこで実質的な年金生活者世帯を除外できる、勤労者世帯に限り、上記グラフを再構築したのが次の図。

↑ 新聞購読・移動電話通信料支払率(二人以上世帯のうち勤労者世帯、世帯年収別)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払率(二人以上世帯のうち勤労者世帯、世帯年収別)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払額(二人以上世帯のうち勤労者世帯、購読・支払世帯限定、月額、世帯年収別、円)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払額(二人以上世帯のうち勤労者世帯、購読・支払世帯限定、月額、世帯年収別、円)(2019年)

利用者世帯の支出額動向はさほど変わりはなく、おおよそ新聞は一定、携帯電話は高年収ほど上昇していく。利用世帯における世帯年収別の利用内情(使い方)は、勤労者世帯に限ってもあまり変わりが無い。他方支払率=普及率は一部イレギュラーが生じているものの、新聞は多分に高年収世帯ほど高い値、そして携帯電話は世帯年収による差異があまり出ていない。

つまり現役就労層に限れば「低年収層における生活必需品」は、新聞と携帯電話の二択ならば新聞よりもむしろ携帯電話であり、新聞は優先順位としては低いことが推定できる。そしてむしろ、新聞を「低年収層における生活必需品」的な立ち位置に押し上げているのは、二人以上世帯においては非勤労者世帯、おおよそ高齢年金生活者世帯が該当していることとなる(若年層では年金生活者は存在しえない)。

実際、世帯主の年齢階層別で区切り直すと、まさにその通りの結果が出る。

↑ 新聞購読・移動電話通信料支払率(二人以上世帯、世帯主年齢階層別)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払率(二人以上世帯、世帯主年齢階層別)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払額(二人以上世帯、購読・支払世帯限定、月額、世帯主年齢階層、円)(2019年)
↑ 新聞購読・移動電話通信料支払額(二人以上世帯、購読・支払世帯限定、月額、世帯主年齢階層、円)(2019年)

世帯主の年齢とともに新聞の支払率=普及率は上昇していく(100%を超える層が存在するのは、上記の通り複数紙の購読)。他方、携帯電話は70歳以上でやや下がるが、60代までは8割以上をキープしている。広範囲の世帯に普及浸透しているか否かの観点では、はるかに携帯電話の方が上となる。

なお高齢者世帯で携帯電話の利用者世帯における利用料金が大きく下がっている。これはスマートフォンではなく、利用料金が安上がりで済む従来型携帯電話を利用している人が多いのが要因である。

もとより同じ「コンテンツ、情報を取得するツール」的立場にある新聞と携帯電話だが、厳密には前者がコンテンツそのものを創生する業界、企業をも多分に包括しているのに対し、携帯電話はあくまでも純粋なインフラであり、そのインフラに乗る形で配信されるコンテンツまでは今件のような普及率関連の話では内包されない。同一次元で比較するのは、多少無理がある。

とはいえ、金銭面やメディア論の上で、両者がよく比較されるのも事実。特に世帯収入面で難儀している人において、情報伝達のためのツールは何が普及しているのか、考えさせられる実情には違いない。

■関連記事:

月ぎめで新聞を取っている人の実情をさぐる(2019年公開版)

各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をさぐる(新興国編)(2019年公開版)

TCAと総務省では100%を超える…複数データを基にした携帯電話の普及率推移(最新)

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。