欠航が続く格安航空ノルウェージャン社長「嫌ならSASに乗ればいい」

ノルウェージャンの顔としてノルウェーでは有名な社長ビョーン・ヒヨス氏(写真:ロイター/アフロ)

機長不足とカスタマーサービスの悪さで話題となっている格安航空ノルウェー・エアシャトル(ノルウェージャン)の騒動は収まらない。

13日、ノルウェージャンでは予定されていた9便が欠航となったことを現地メディアが伝える。VG紙やDagbladet紙などでは、休暇の予定が崩れ、空港で呆然としているノルウェー人たちの様子を伝えている。

欠航便の件が報道される直前、ノルウェージャン社長のビョーン・ヒヨス氏はTV2に対し、残りの夏は「十分な人数の機長が揃っている」と回答したばかりだった。

しかし、この日に判明した最低9便の欠航の理由は天候などではなく、またも機長不足。

ヒヨス社長は夏前にも現地メディアに「昨年のような問題は起こらない」と、事実上は真実ではない発言をしていた。

ノルウェー国営放送局NRKに対し、同社長は「我々が便をキャンセルしなければいけない時は、飛行機か機長のどちらかが不足している時だ」と回答。

「“もうノルウェージャンで飛ぶのはこれが最後だ”と言っている乗客に対してのコメントは」とNRKの記者が聞くと、「非常に残念です。それでしたら、SASスカンジナビア航空に乗るといいでしょう。SASは我々より5倍も多く便が欠航しますけどね」と答えた。

これに対してSASの広報ヨハンセン氏は失笑。ノルウェージャンよりも便をキャンセルすることは事実だが、5倍という数字は間違いと指摘。「飛行機は時にどうしても飛べない時があります。問題は、その時に乗客がどのような対応を受けるかです」とNRKを通じてコメントした。

Text: Asaki Abumi