ノルウェーで苦情が最も多かった航空会社はノルウェー・エアシャトル、「客とギャンブル」

相次ぐ欠航とカスタマーサービスの悪さが指摘されるノルウェージャン(写真:ロイター/アフロ)

ノルウェー消費者オンブッドマン(監視機関)は、上半期に消費者からクレームが多かった航空会社を発表した。

問い合わせ数は以下の通り

  • Norwegian(ノルウェー・エアシャトル、ノルウェージャン)  96件
  • SAS(スカンジナビア航空) 33件
  • KLMオランダ航空 24件
  • Wideroe(ヴィデロー航空) 11件
  • British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)  7件
  • Lufthansa(ルフトハンザドイツ航空): 7件
  • Ryanair(ライアンエアー): 4件

日本と比較するとノルウェーではクレームをする人が少ない傾向があり、この数字は低いとも言い難い。

オンブッドマンのディレクターであるフィレスラン氏は6日の記者会見で、航空会社への不満の原因は便の延滞・欠航、カスタマーサービスなどと発表。

クレームが最も殺到したノルウェー・エアシャトル(ノルウェージャン)に関しては、「客とギャンブルをしているようなものだ」と結論づけた。カスタマーサービス対応の人員も不足していると指摘された。

現地の報道機関各社に対して、ノルウェージャンは「国内で最大級の航空会社で最も多くの乗客に利用されているため、クレームが最も多いことは不自然ではない」と回答。

今回の上半期の調査には、ここ数週間の間に発生した夏の欠航騒動は含まれていないため、苦情の数は下半期の調査で増加するとみられている。

Text:Asaki Abumi