Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JR東日本の少数派車両 209系500番台のいま

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

209系500番台って、どんな電車?

JR東日本の少数派車両 209系500番台のいま

武蔵野線を行く京葉車両センターの209系500番台M72編成。習志野電車区に新製投入後、三鷹車両センター→浦和電車区→京葉車両センターと転属し、8両化されて現在に至る(2021年、伊藤真悟撮影)。

本文:5,102文字

写真:15
  • 新津車両製作所(現・総合車両製作所新津事業所)の一般公開で展示された製造途中の209系500番台。すでに編成札「51」が掲げられている(1998年10月4日、伊藤真悟撮影)。
  • 落成後に信越本線で公式試運転を行う209系950番台。500番台とは異なり前面は銀色で、6扉車が組み込まれた(1998年10月19日、伊藤真悟撮影)。
  • 習志野電車区時代の209系500番台(ラシ58編成)。編成札は黒地に黄色文字だった(伊藤真悟撮影)。
  • 2000年時点における登場時の209系500番台編成表(柴田東吾作成)。

購入後に全文お読みいただけます。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。

柴田東吾(鉄道趣味ライター)