Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【空から撮った鉄道】四国初の鉄道は軌道線と鉄道線の平面クロスがある伊予鉄

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

日本に残る鉄道線と軌道線との平面クロス

最初に訪れたのは道後温泉上空で、道後温泉本館を眼下に中央やや右上に見える城南線道後温泉駅(電停)を撮影した。その上では道後公園電停を発車した列車が道後温泉駅へと向かう(2013年4月11日、吉永陽一撮影)。

本文:2,082文字

写真:36
  • 南東側から道後温泉駅を寄りで撮影した。駅にはモハ50形(前期型)が到着し、引上げ線ではモハ50形(後期型)が停車する。電停脇の展示線では「坊っちゃん列車」の姿も(2013年4月11日、吉永陽一撮影)。
  • 道後温泉駅の駅舎を正面から狙う。駅前にはバス乗り場があるが手狭なため、引上げ線の横に転回場を設けている(2013年4月11日、吉永陽一撮影)。
  • 乗客を降ろしたモハ50形が引上げ線へ向かう。「坊っちゃん列車」は客車を2両つないでいるのが第1編成で、客車1両をつないでいるのが第2編成。展示線に留置されているのは第1編成だ(2013年4月11日、吉永陽一撮影)。
  • 道後公園電停を出発したモハ50形が湯築城跡のお堀に沿って道後温泉駅へと向かう(2013年4月11日、吉永陽一撮影)。

購入後に全文お読みいただけます。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。欧州経済領域(EEA)およびイギリスから購入や閲覧ができませんのでご注意ください。

吉永陽一(写真作家)