Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【空から撮った鉄道】武蔵野線と京葉線内に構成される3ヶ所のデルタ線

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

外郭環状線で貨物を振り分けるのは自動車の世界と同じ

武蔵野線西浦和駅東側に位置するデルタ線(画面左上)。埼京線との乗換駅武蔵浦和駅が右下に見える。埼京線の武蔵浦和駅にはE233系7000番台が停車中(2021年5月14日、吉永陽一撮影)。

本文:2,499文字

写真:11
  • 北東側からデルタ線を見る。画面下は埼京線の中浦和駅で、その横を東北新幹線のE6系+E5系が大宮方面(画面右側)へと駆け抜けていく。武蔵野線の西浦和駅が画面右上に見える(2021年5月14日、吉永陽一撮影)。
  • 続いて北側から画面左手に武蔵浦和駅を入れて撮影。デルタ部は複線の高架で、大宮方面(画面左下側)と武蔵浦和を結ぶ線路はカーブの途中で上下2層になるなど、構造を見るのも面白い(2021年5月14日、吉永陽一撮影)。
  • 常磐線の馬橋方から見た新松戸のデルタ線。デルタの中心を武蔵野線が貫く。南流山駅と馬橋駅とを結ぶ通称「馬橋支線」は馬橋方が単線で一部区間は直線となっており、ちょっと変わった構造となっている(2021年5月14日、吉永陽一撮影)。
  • 南東側から撮影した新松戸のデルタ線。南流山駅が画面左上に見える。建物の陰に隠れて見えにくいが、新坂川に沿って流鉄流山線が走り、同様にデルタ線を貫く(2021年5月14日、吉永陽一撮影)。

購入後に全文お読みいただけます。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。欧州経済領域(EEA)およびイギリスから購入や閲覧ができませんのでご注意ください。

吉永陽一(写真作家)